開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/08/04

三井住友銀行、米Plug and Playと提携 有望Fintech企業を発掘

三井住友銀行は3日、米国・シリコンバレーのPlug and Play Tech Center(以下、PnP)と、金融サービスにおける新技術の活用を目的としたパートナーシップ契約を締結したと発表した。

photo
 PnPは、シリコンバレーに本部があるグローバル・アクセラレーターで、各業界の先進的な企業や政府系機関などと協働で、技術系ベンチャー企業の育成・支援に取り組み、起業から事業化に向けた流れであるベンチャー・エコシステムにおいて重要な役割を果たしている。

 今回のパートナーシップでは、PnPが主催するアクセラレータ・プログラムを通して、三井住友銀行が同プログラムに参加する有望なベンチャー企業と新技術に関する情報連携やネットワークの構築を行う。

 三井住友フィナンシャルグループでは従来から、米国西海岸において、新技術や新しい金融サービスに関する調査活動を実施しており、昨年度より社内に「新技術ラボチーム」を組成し、新技術を金融サービスに活用する活動を開始していた。

 SMFGグループおよび三井住友銀行は、本パートナーシップを通して、優れた技術やアイデアを持ったベンチャー企業と協働し、金融サービスに関する新技術を活用していくという。

 昨今、金融とITを組み合わせた「Fintech」に注目が集まっている。三菱東京UFJ銀行も2月に「Fintech Challenge 2015」を実施。クレディセゾンも6月にはFintech分野への投資強化で「セゾン・ベンチャーズ」を設立している。

関連記事

金融業IT ジャンルのトピックス

金融業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!