• 会員限定
  • 2015/10/15 掲載

世界の共通言語は英語ではなく統計 ソフトバンク社内研修で行われる統計講座の秘密

連載:ソフトバンク人材開発の秘密 vol.7

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
ソフトバンクは、社内で実施される研修に「ソフトバンクユニバーシティ認定講師(ICI)制度」を導入しているが、この研修プログラムの中で、キャンセル待ちが発生し、応募が殺到するほど人気の高い講座がある。それが「統計」の講座だ。同社では、なぜ統計に人気が集まるのだろうか? 統計講座の講師として活躍している同社の髙橋 賢氏と、人事本部の富田 智晴氏に、人気の秘密やビジネスシーンでの活用法、学び方などについて話をうかがった。
<連載一覧>

意思決定のスピードや業務効率、生産性の向上に役立つビジネス統計

──まず、ご自身の所属や業務について教えてください。

photo
ソフトバンク
情報システム統括 業務改革推進部 サービス業務改革課
髙橋 賢氏
髙橋氏:ソフトバンクの情報システム統括部で、ITを通じて業務改革を推進する業務に従事しています。どちらかというと、ITシステムの開発よりも、ITシステムとユーザーをつなぐ橋渡し的な役割を担っています。その傍らで統計に関する社内講師も務めています。

富田氏:私は人事部に所属し、主に管理職研修や英語研修、ICI制度※注1などについて担当しています。

※注1: ソフトバンクユニバーシティ認定講師制度のこと。スキルを持つ社員を講師として認定し、その実務経験を活かすことで、社内研修の機会を提供するもの。

──髙橋さんは今、業務にも統計を活用されているのですか?

髙橋氏:はい。私の属する業務改革部門では、業務改革の現状を把握するために、データを分析してターゲットを決めてから改革を進めています。エンドユーザーに対する業務では、データとして数値化している部署も多くあります。ただし間接部門については、まだ見える化が遅れているところもあり、これから改革していく方向ですね。

──ご自身は統計学をどのように学ばれたのでしょうか? やはり、大学の専門が統計学だったのですか?

髙橋氏:いえ、私は大学で統計を専攻したわけではありません。社会人になって独習しました。以前はソフトバンクのカスタマーサービス部門におり、顧客満足度を向上させる活動をしていた頃に、外部コンサルタントと話をする機会があり、統計分析の凄さに触れました。彼は、ほんの数十分でアンケート結果を分析していました。それを見て非常に驚き、いろいろな書籍を買い漁って勉強を始めたのがキッカケでした。私がICIで講師を務めようと思ったのも、自分が統計と出会った感動を皆さんにも知ってほしかったからです。

──ビジネス現場において、統計の重要性はどのように変化しているのでしょうか?

髙橋氏:競合優位性があるときは、どんな企業も勢いに乗ってビジネスを展開していたと思います。しかし、今のように市場が成熟期を迎え、ハッキリとした競合優位性が保てない状況では、いかにデータを分析して、新たな市場開拓や既存顧客の掘り起こしに役立てられるかという点が大切になります。

 また、ユーザーも変化しています。3年前のデータを使って分析しても、現状とマッチしてないのです。かなり速いスピードでデータをそろえ、いかに分析していくか、という点が非常に重要になっています。

ソフトバンクが統計力の研修をする理由とは

──社員研修で統計の講座を開かれている理由を教えてください。

photo
ソフトバンク
人事本部 人材開発部 人材開発2課 課長
富田 智晴氏
富田氏:もともとソフトバンクは、情報をデータ化することで、経営の意思決定を迅速に下す「コックピット経営」を標榜してきました。それによって、偶然が必然になり、スピード感をもった意思決定ができるわけです。それは経営陣でも、管理職でも、一般社員でも、レイヤーを変えて使える考え方です。ですから統計を身につけると、会社全体が強くなると考えています。

髙橋氏:意思決定のスピードは、確実に統計を使った方が迅速になります。そういう意味で、業務効率や生産性を高めることに貢献できます。「共通言語」という意味では、英語以上に世界に通じる言葉だと思います。

──統計スキルを身につけるコツのようなものはありますか?

髙橋氏:毎回の講義で強調していることは、「学んだことを持ち帰って、まず使ってほしい」ということです。アウトプットを出すことで、自分の業務に当てはめたときに、何か腑に落ちない、分からないという新たな疑問が出てきます。そこで自分で疑問点を調べたり、質問しないと、なかなか身につかないと思います。とにかく実践が大切ですね。

【次ページ】 実現場に近いデータを研修に取り入れることで、自身の業務に直結

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます