開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/09/18

Makuake代表が語る、クラウドファンディングの未来は「欲しいモノを作れるかどうか」だ

モノや体験が得られる「購入型」、寄付のみを行う「寄付型」、金利の利回りが得られる「融資型」、利益に応じた配当やキャピタルゲインが得られる「投資型」など、さまざまな種類のものが登場するクラウドファンディングサービス。こうしたなか、「世の中にない新しくて、面白い・ワクワクするものを生み出す場所」というコンセプトを打ち出し、多くのプロジェクトを実現させているのがクラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」だ。今回は、Makuakeを運営するサイバーエージェント・クラウドファンディング 代表取締役 中山 亮太郎氏に、Makuakeの目指す未来について話を聞いた。

約2年間で1000件以上のプロジェクトを実現させた「Makuake」

photo
サイバーエージェント・クラウドファンディング 代表取締役
中山 亮太郎氏
 クラウドファンディングは、インターネットを通じて人々から資金を募り、製品やサービスの開発、アイデアを実現させる仕組みだ。

 2014年、全世界におけるクラウドファンディングの市場規模(総調達額)は約2兆円にも及ぶとされる。一方、2011年頃から次々とサービスが誕生している日本においては、2014年度の国内クラウドファンディングの市場規模は約197億円程度と、まだまだ規模は小さい。

 サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営する「Makuake」は、2013年8月にサービスを開始。他サービスと比べて後発ではあるが、実現したプロジェクトは約2年間で1000件を超え、常時約200ものプロジェクトが進行中と好調である。

photo
サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営する
「Makuake(マクアケ)」

 クラウドファンディングサービスにはいくつかの区分がある。モノや体験が得られる「購入型」、寄付のみを行う「寄付型」、金利の利回りが得られる「融資型」、利益に応じた配当やキャピタルゲインが得られる「投資型」といったものだ。

関連記事
 Makuakeをこれに当てはめるとするならば「購入型」であるが、中山氏は「金銭的見返りを求めない購入型や寄付型と(見返りをもとめる)投資型のクラウドファンディングは目的が違いすぎて、同列にして語れるものではない」と断言する。

 日本のクラウドファンディングサービスの多くが、『出資』や『資金調達』といったお金を募る側に重点が置かれており、お金を払う側を意識したものがほとんどない。中山氏は「これはクラウドファンディングが日本であまり普及していない一因」と語る。

「Makuakeのねらいは、ただ『お金を必要とする人が、資金を募って目的を達成する』というだけではない。ヒット商品を生み出すインフラとして機能することで、クラウドファンディング市場全体を拡大していきたいと考えています」

 決して最初から順風満帆だったわけではない。中山氏は「サービス開始当初は重大な問題があった」と語る。サービス利用者(出資者、サポーター)に寄り添ったサービスになっていなかったというのだ。

「実際にお金を出すサポーターが、本当に欲しいモノや体験を作っているかどうか。これを見直したことで、Makuakeは急成長しました。コンセプトとして打ち出したのは、『世の中にない新しくて、面白い・ワクワクするものを生み出す場所』ということです」

【次ページ】クラウドファンディングはテストマーケティングの場になる

イノベーション ジャンルのセミナー

イノベーション ジャンルのトピックス

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!