開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/11/12

ディープラーニングとGPUによる高速画像処理を駆使する、世界のスタートアップ5社

人工知能研究の分野の一つであるディープラーニング。これを使えば、画像処理やバーチャルリアリティ(VR)や自然言語処理のスキルをコンピュータ自らが活用し、周囲を解釈できるようになっていくとされている。NVIDIAでは、同社のGPUとディープラーニングの技術を組み合わせることで実現したスタートアップ5社のサービスを紹介した。

画像処理とディープラーニングを組み合わせた新たなサービス

 通りがかった人の年齢を推測する屋外広告板、ユーザやそのペットの顔を認識する写真アプリ、デジタル数学アシスタント。いま、世界各国のスタートアップ企業がディープラーニングのテクノロジーを活用したサービスを生み出している。

 NVIDIAのブログでは、GPUとディープラーニングを組み合わせた5社のスタートアップ企業事例が取り上げられている。

犬種を見分けて、写真を自動整理してくれる「ZZPhoto」

photo
写真を自動整理してくれる「ZZPhoto」
(出典:NVIDIAブログ)

 ウクライナのスタートアップ企業「ZZPhoto」は、PCに保存された写真を検出し、顔や情景、ペットなどのタグを写真に付けて整理できるサービスだ。ZZPhotoの「DeepPet」アルゴリズムは、犬の種類を見分けられるといい、犬や猫の認識精度は、従来のオブジェクト認識アルゴリズムの最大5倍に達するそうだ。

ニューラルネットワークで年齢と性別を判別するウェブカメラ

関連記事
 イギリスの「Real Life Analytics社」は、デジタル・ディスプレイに取り付けるドングルというものとウェブカメラを小売店に配布し、店内広告をターゲット型にしている。

 ディスプレイに取り付けられたウェブカメラに人が近づくと、ドングル内部のディープラーニング搭載ニューラル・ネットワークが年齢と性別を判断する。その後わずか数ミリ秒のうちに、その人の属性に合わせた広告を表示させることが可能だという。同時に、cuDNNで高速化したCaffeフレームワークを使い、DIGITSディープラーニング・トレーニング・ソフトウェアで構築したディープラーニング・ネットワークが、対象者の反応をリアルタイムに分析。これらは、NVIDIAのTegraチップによって処理されている。

モバイル機器に保存されている写真を整理できる「Silver」

 インド発のスタートアップ企業「HyperVerge社」の画像認識アプリ「Silver」は、モバイル機器に保存されている写真を整理でき、写真に写っている顔やスクリーンショット、記念品で分類してくれる。手書きのメモや身分証明書、小切手などが写っていると、ドキュメントであると判別して分類する。さらに、画質の悪い写真や重複する写真を見つけて削除する機能もある。データ処理とアプリケーション・エンジンのトレーニングにはGPUが使われている。

【次ページ】問題をスキャンすれば数式を解いてくれる魔法のアプリ

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのセミナー

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのトピックス

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!