• 2015/11/30 掲載

フロムスクラッチが10億円の資金調達 マス広告やO2Oデータ取得、AI開発を強化

記事をお気に入りリストに登録することができます。
フロムスクラッチは30日、電通デジタル・ホールディングス、グローバル・ブレイン、日本ベンチャーキャピタルが運営する投資事業有限責任組合、その他既存株主を割当先とする第三者割当増資を実施し、総額およそ10億円を調達したことを発表した。
photo
 フロムスクラッチは、2010年4月に設立されたベンチャー企業。

 マーケティング「集客施策」「販売促進」「顧客管理」といったビジネスプロセス全般における定量データの取得・統合・管理・活用を行うマーケティングプラットフォーム「B→Dash」の開発、支援のほか、マーケティング、事業戦略、新規事業立案支援サービスなどを展開している。

 今回の発表は、フロムスクラッチが電通デジタル・ホールディングス、グローバル・ブレイン、日本ベンチャーキャピタルなどを割当先とする第三者割当増資を実施し、総額およそ10億円の資金を調達したというもの。

 この資金調達により強化する施策は、「ビッグデータの取得・統合」と「人工知能によるビッグデータ活用」の2つ。

 1つ目の「ビッグデータの取得・統合」では、TVCM・交通広告に代表される「マスプロモーションデータ」や、「O2O・オムニチャネルデータ」、営業シーンにおける音声や表情等の「非構造データ」などの取得・統合を進める。

 2つ目の「人工知能によるビッグデータの活用」では、人工知能(AI)の開発を強化することで「あらゆるパターンにおいて、自動で最も収益の高まるシナリオの作成」を実現させ、マーケターやリサーチャーの業務効率化を支援を目指すという。

関連記事

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます