開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2017/10/19

Alexa対応の障がい者補助ロボットも登場、世界で最も新製品を出している国はどこか

新連載:世界のロボット新製品

ロボット開発競争は日本だけでなく、世界中で巻き起こっている。たとえば、2017年8月に新しく世界で発表されたロボット製品は、実に45製品もあり、その多くが日本以外で開発されている。筆者が所属するアスラテックでは「サービスロボットの開発動向に関する調査」を実施しており、本連載ではその中から特徴的なロボットをいくつか紹介していく。

アスラテック 事業開発部部長 羽田卓生

アスラテック 事業開発部部長 羽田卓生

1998年にソフトバンク入社後、メディアビジネスや通信ビジネスに主に従事。2013年のアスラテックの立ち上げ時より同社に参画。現在、事業開発部門の責任者を務める(2019年6月時点)。任意団体ロボットパイオニアフォーラムジャパン代表幹事。


8月に発表されたロボット製品は45機種

 筆者が所属するアスラテックでは、全世界をターゲットに、サービスロボットの開発動向に関する調査を行っている。その2017年8月度のレポートにおいて、世界で発表されたのを確認できたロボット製品は、45製品に及ぶ。なお、2014年の調査開始より一貫して増加傾向にある。

2017年8月に確認されたロボット新製品
ロボット名企業名ジャンル開発国
TemiRoboteam見守り・コミュニケーション米国
Multi Talent Robotor深3W市0N巨泰科5u子有限公司(Shenzhen FiGigantic Electronic Co., Ltd)見守り・コミュニケーション中国
Robotic Center Device深3W市0N巨泰科5u子有限公司(Shenzhen FiGigantic Electronic Co., Ltd)見守り・コミュニケーション中国
Magic Robotic Mirror深3W市0N巨泰科5u子有限公司(Shenzhen FiGigantic Electronic Co., Ltd)見守り・コミュニケーション中国
Mutiple Talent Robotor深3W市0N巨泰科5u子有限公司(Shenzhen FiGigantic Electronic Co., Ltd)見守り・コミュニケーション中国
NUGU MiniSK Telecom見守り・コミュニケーション韓国
くま~ぬ三信電気、イーフロー見守り・コミュニケーション日本
AMY A1/M1杭州艾米机器人有限公司(AMY Robotics Co. Ltd.)見守り・コミュニケーション中国
プロフェッサー・アインシュタインハンソン・ロボティクス見守り・コミュニケーション香港
GiGA Geniekt corp.見守り・コミュニケーション韓国
Eagle PrimeMegaBots Inc.アミューズメント米国
animatronic bust of Abraham LincolnGarner Holt Productions, Inc.アミューズメント米国
綿菓子ロボット三菱電機アミューズメント日本
ARKEBionik Laboratories介護・福祉カナダ
いまイルモ PaPeRo iソルクシーズ介護・福祉日本
ペイシェント・ウォッチャーアルコ・イーエックス介護・福祉日本
EVER Relief構造計画研究所介護・福祉日本
Mi-Ru(ミール)ワイエイシイエレックス介護・福祉日本
TOギャザー竹中工務店、岡谷鋼機清掃日本
ルンバ890、ルンバ690アイロボット清掃米国
SCC-R05GMエスキュービズム清掃日本
HEXAVincross Inc.ホビー中国
ArcherAi.Frameホビー香港
CrazyPiCrazyPiホビー中国
MoskitoTobyRich GmbHホビードイツ
カムプログラムロボット工作セットタミヤホビー日本
LIVE CAM DRONE ASSEMBLY KIT DX/STDジーフォースホビー日本
Hover Camera PassportZero Zero Roboticsホビー中国
AirselfieAirSelfie Holdingsホビー英国
OPEN SOURCE 3D PRINTED LIFE-SIZE ROBOTゲール・ランジュバン氏ホビーフランス
PICA上海硅ek科学鶩器有限公司(Shanghai Gaitech Scientific Instruments Co. Ltd.)教育中国
Gapter EDU上海硅ek科学鶩器有限公司(Shanghai Gaitech Scientific Instruments Co. Ltd.)教育中国
MU SpaceBot杭州摩V科技有限公司(MORPX Inc.)教育中国
EveroboEverobo教育中国
MU杭州摩V科技有限公司(MORPX Inc.)教育中国
Tipsy RobotKUKA食品産業中国
小雪(Snow)マoB穿山甲机器人股N有限公司(Suzhou Pangolin Robot Corp., Ltd)受付・案内中国
3D ROBOTロイスエンタテインメント受付・案内日本
Padbot P2广州映博智能科技有限公司(Guangzhou Inbot Technology Ltd)受付・案内中国
空飛ぶクルマUrbanAero移動支援(業務用)イスラエル
JupiterAccerion荷物搬送オランダ
「マンボウ型」ロボット国際廃炉研究開発機構(IRID)、東芝探査日本
study‐006日本ゼオン探査日本
新型ハンドロイドアイ・ティー・ケー、IHIエアロスペースその他日本
Meeting OwlOWL Labsその他米国
※この記事において登場する製品に関しては、筆者が所属するアスラテックの「サービスロボットの開発動向に関する調査~全世界版~」に掲載されている製品を基にしている。またここで示されるデータは、各社が発表している情報をもとにアスラテックが独自に集計している。
※当該期間に発表されたプレスリリースや報道において、国内で開発されたロボットとして取り上げられた製品のうち、工場などで使われる産業ロボット以外のものを「サービスロボット」としている。それらのサービスロボットについて追跡調査を行い、製作が完了した時期(商品の場合は発売時期)とジャンルをまとめた。プレスリリースなどで発表されていても、開発途中のロボットは含めていない。なお、サービスロボットのジャンル区分は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2010年に発表した「2035年に向けたロボット産業の将来市場予測」における、サービス分野のロボット分類に準じ、そのいずれにも該当しないロボットについては「その他」に分類している。


見守り・コミュニケーション向けロボットが最多

 この45製品をジャンル別でみると、見守り・コミュニケーションが最多の10製品を占める。続いて、ホビーが9製品。教育向けが、5製品という結果になった。この3ジャンルで、計24品で、過半数を超える結果となった。製品化が比較的しやすいこの分野より、サービスロボット市場が立ち上がってきていることが窺える。

画像
2017年8月に確認されたロボット新製品(ジャンル別)

 この調査に結果では、中国が16製品と国別ランキングではトップとなった。日本は2番手の24製品。続いて、米国が5製品となった。この3か国で計35製品と8割近い製品数を占める。日米中が世界のロボット開発競争をけん引している結果が確認できたといえよう。

画像
2017年8月に確認されたロボット新製品(国別)

「Alexa」を組み込んだ障がい者を補助する外骨格ロボ「ARKE」

 ARKEは、カナダのBionik Laboratories社が今年の8月に発表した外骨格ロボットだ。装着者の動き、体重移動などをセンサーで検知し、その動きを助けるように動作できる。



関連記事
 本製品では、Amazonの音声認識システム Alexaを組み込むことで「Alexa, I'm ready to stand」「Alexa, I'm ready to walk」など直接的に操作ができるようになっている。

 また、患者の身長と体重に合わせて、患者ごとにカスタマイズ可能な設計となっている。患者がリハビリを行ったデータはクラウドに送信し分析されて、リアルタイムで理学療法士に送信され、タブレットなどに表示されるなどの機能も搭載している。

 臨床試験中の段階だが、平均的な消費者にとって購入しやすい価格帯の製品、最終的には月々の支払いが車椅子のレンタルなどよりも安くなることを目指していることも、同社のリリースで記載されている。

【次ページ】動きをプログラムできるロボット工作の組み立てキット

ロボティクス・ドローン ジャンルのトピックス

ロボティクス・ドローン ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!