開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/11/05

IBMのRed Hat買収、“成否”を分ける「クラウド移行の担い手」

米IBMが10月28日(米国時間)、ソフトウェアベンダー大手の米Red Hatを総額340億ドル(約3兆8000億円)で買収すると発表した。この買収がクラウド市場にどのような影響があるのか。ノークリサーチが中堅中小企業向けの調査データから考察している。

photo
「ハイブリッド&マルチクラウド」をテーマにアピール
(出典:レッドハット Webサイト

「RHEL」ユーザーは「コンテナやクラウド」に前向き

 2018年10月29日(日本時間)、IBMがRed Hatの買収を発表した。

関連記事
 Red Hatは「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」などのLinux構築で広く知られる。クラウド基盤の「OpenStack」、ミドルウェアの「JBOSS」、コンテナ管理の「OpenShift」など、オンプレミスからクラウドまで幅広いシステム基盤を提供している。

 IBMがRed Hatのこれらの資産を自社のIaaS/PaaS関連ビジネスにどう生かすか? が買収の「成否」につながる。

 以下のグラフはノークリサーチがまとめた、年商500億円未満の中堅・中小企業に対する「オンプレミスのサーバ環境における今後の更新手段(導入済みサーバOS別)」調査結果である。

画像
サーバの更新手段

 「RHEL」では、「全体平均」や「Windows Server 2008/R2」と比べ、仮想化/コンテナ活用やクラウド移行が高いという結果が出ている。つまり、今回の買収については「RHELを利用するユーザ企業がIaaS/PaaSとして何を選ぶか」が注目に値するという。

中堅中小企業向けLinux/UNIXでは「RHEL」がシェアトップ

 以下は年商500億円未満である中堅中小企業の「導入済みサーバOS」のうち、Linux/UNIX系に関する数値を抜粋したものだ。中堅中小企業のサーバOSは「Windows OS」が大半を占めるが、Linux/UNIX系の中では「RHEL」が最も多く導入されているという。

 つまり、「RHEL」を導入済みユーザー企業の「仮想化/コンテナ活用」「クラウド移行」がどれだけ進むかは、Linux/UNIX系のサーバ全体における今後の動向にも影響を与える得るという。

画像
導入済みサーバのOSサーバの更新手段

 以下のグラフは年商500億円未満の中堅・中小企業へ、導入済みまたは導入予定のIaaS/PaaS事業者名を聞いた結果から、外資ベンダーの数値を抜粋したものだ。

画像
クラウド形態におけるIaaS/PaaS事業者

 日本国内の中堅中小企業における導入社数シェアという点では、日本IBMはグーグル、日本マイクロソフト、アマゾンウェブサービスジャパン、セールスフォースなどと比べ少なかった。

 一方、IBMのRedHat獲得により、「RHEL」を導入済みユーザー企業のクラウド移行を支援を担う役割を日本IBMがまっとうできれば、IaaS/PaaS市場シェアにも変化が起きる可能性があるとした。

【次ページ】「RHEL」導入企業のクラウド移行を誰が支援するのか

お勧め記事

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!