• 会員限定
  • 2021/03/23 掲載

TikTokのバイトダンス vs 王者テンセント、激化する“国民的インフラ”の座をかけた戦い

記事をお気に入りリストに登録することができます。
中国版TikTok「抖音(ドウイン)」が独自の決済機能を搭載し、さらにSNS機能の強化を図っている。その目指すところは、国民的インフラと言えるSNS「WeChat」のポジションだ。WeChatを運営するテンセントは、バイトダンスを以前から警戒し、2018年にはWeChat内からドウインへのリンクを遮断するという強行措置に出ている。中国のテック業界は、BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)と呼ばれるジャイアントが多方面でけん引してきたが、最近では支配力が強すぎて、新興テック企業の成長を妨げているという独占問題が議論されている。バイトダンスのテンセントに対する挑戦は、この独占に風穴を開けられるのか。

執筆:ITジャーナリスト 牧野武文

執筆:ITジャーナリスト 牧野武文

消費者ビジネスの視点でIT技術を論じる記事を各種メディアに発表。近年は中国のIT技術に注目をしている。著書に『Googleの正体』(マイコミ新書)、『任天堂ノスタルジー』(角川新書)など。

画像
中国版TikTok「ドウイン」は、王者「WeChat」に勝てるのか?
(Photo/Chesnot/Getty Images)


トランプ政権に振り回されつつも飛躍したバイトダンス

 TikTokを運営する字節跳動(バイトダンス)にとって、2020年は米国トランプ政権に振り回される1年になった。2020年9月に米商務省がTikTokの新規ダウンロードを禁止し、米国企業が運営する形での存続が模索された。この事件は中国では「海外事業剥離事件」と呼ばれている。結果として、バイデン政権に変わる中でうやむやとなり、TikTokは米国でのサービスを継続している。

 その間、バイトダンスは中国国内でも活発な活動をしていた。TikTokの中国版「抖音(ドウイン)」には、以前からライブコマース機能が備わっていたが、2020年6月にEC部門を設立、ライブコマースを本格化させた。同年11月には独身の日セールに初参入し、187億元(約3,100億円)という初年度としては驚異的な売上を上げた。


 さらに2021年になると、独自の決済システム「抖音支付(ドウインペイ)」をリリースした。

 2月11日の春節の前日、視聴率30%を超える大みそかのバラエティー番組「春節聯歓晩会」(春晩)が放送された。この公式紅包(お年玉)スポンサーには、ソーシャルEC「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」が予定されていたが、過重労働問題を起こしたため辞退。

 替わって公式スポンサーになったのがバイトダンスで、視聴者に20億元(約330億円)のお年玉を配布した。お年玉を受け取るには、ドウインペイにアカウント登録することが必要で、ドウインペイはタイミングよく一気に大量の利用者を獲得したと見られている。

中国の紅白歌合戦と呼ばれる大みそかのバラエティー番組「春晩」は、YouTubeライブやニコニコ生放送でも配信され、昨年は世界中で12.32億人が視聴した。この春晩の公式スポンサーとなることは、テックサービスにとって利用者数を飛躍させる大きな機会になっている

 しかし、バイトダンスの狙いは、ドウインペイの普及だけではなかった。バイトダンスの張楠(ジャン・ナン)CEOは、社内メールで従業員に対し、「今回の春晩紅包は、ドウインペイの利用者数を伸ばすことだけが目的ではなく、バイトダンスが長年挑戦してきたSNSへの道を拓くものだ」と説明したと報道されている。

 なぜ、ドウイン(以下、便宜上TikTokと表記する)にSNS機能が必要なのだろうか。

意外と知らない、中国2大「スマホ決済」の住み分け

 中国の生活系サービスにとって、SNSがいかに重要になっているのかは、スマホ決済サービス「アリペイ」と「WeChatペイ」を比較してみるとよくわかる。アリペイ、WeChatペイの2020年第2四半期のシェアは、それぞれ55.6%、38.8%と、アリペイが優勢な状況が続いている。しかし、これは決済金額シェアだ。

 決済回数シェアになると、アリペイ33.7%、WeChatペイ58.4%と逆転する。つまり、アリペイは比較的高額の決済に使われ、WeChatペイは比較的少額の決済に使われる傾向があることがわかる。

画像
中国におけるスマホ決済サービスのシェア。左が「決済金額」のシェア、右が「決済回数」のシェア
(出典:決済金額シェア:「中国第三方支付市場データ公表報告」(iResearch0)、決済回数シェア:「2020年中国インターネット発展趨勢報告」(Fastdata))

 WeChatペイは、日本のLINE Payとよく似た構造で、WeChatというSNSが中心で、WeChatペイはその付属機能という位置付けになっている。そのため、SNS上での知り合いに対して、簡単に送金をすることができる。

 一方で、アリペイは日本のPay Payとよく似た構造で、SNS機能は弱く、一応友人を登録しておくことはできるが、メッセージのやり取りなどは原則できないため、SNSとして使う人はほとんどいない。「強いSNSのWeChatペイ」、「弱いSNSのアリペイ」という言い方がよく使われる。


 強いSNSであるWeChatペイは、個人間の送金が活発になる。中国にも動画や画像、文章などを公開して、投げ銭で生計を立てる「内容創業者(コンテンツ創業者)」と呼ばれる人たちが多数登場している。

 このような人たちが、投げ銭や有料ライブ配信の利用料を受け取る手段として活用しているのがWeChatペイだ。WeChatアカウントを示しておくことで、視聴者、読者が手軽に投げ銭をできるようになっている。内容創業者にとって、WeChatペイはなくてはならない重要なツールになっている。

 一方のアリペイは、ほとんどがECや商店への支払いに使われ、個人間での送金はあまり行われない。アリペイの決済金額シェアが大きいのは、何よりアリババが天猫(Tモール)と淘宝網(タオバオ)という巨大ECを運営していることが大きい。

【次ページ】TikTokにSNS機能の強化が必要なワケ

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

『ゴジラ』の売上構成を大解剖、なぜ儲かる?米国ファンを取り込む“ある手法”が凄い

俯瞰して、キャラクターを見られたレポートですね。
実際に体験してきた世代としては異なる印象を受けます。
今回の-1.0は、日本映画のフォーマット、(黒沢や小津のような戦後日本の傷ついた心を抱いた人々、荒廃した国土の中で生きようとする日本人を描いたフォーマット)や、
人を背景のボケとともに丹念に映すカメラワークを踏襲した上にゴジラというキャラクターを載せた作品と思います。
米のラ・ラ・ランドみたいなものです。その視点から見ると日本の文化的状況は爛熟期を迎え(韓国もそうですが)世界的に魅力あるオリジナリティを生み出せる成長をしたと思われます。確かにUSがゴジラのキャラクターを作り続けてくれたラッキーさ、それによるZ世代を中心とした日本に対する理解力ある米国人が増えた。はありますが、今現在、あちらはポリコレだのキャラクターの焼き直しだので、映画は没落気味です。
経済が頂点を迎えた後に文化的状況が世界に魅力を振りまき、その後没落していくのは歴史の教えるところと理解しています。
米は傾き始めたのか、復活するのか。
日本はこの文化興隆をうまくビジネスに乗せられるのか、日本人がみな気が付き始めたのでこの流れが加速すると思います。
映画、音楽、ビジュアル(絵画・写真・動画)3次元的表現などの文化をグローバルに浸透させうるチャンスですね。そういう歴史的観点からキャラクターを見るともっと永続するものもあると思います。
日本は、災害の多い国です。おのずと災害をキャラクター化しますので
戦争や動乱が頻発する現代には適したキャラクターがいくつもあると思います。

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます