• 会員限定
  • 2022/03/04 掲載

AWS CloudTrailを基礎からわかりやすく図解する

連載:図解AWSセキュリティ入門(2)

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
クラウドサービスのセキュリティを担保するうえで、「誰が、いつ、何に対して、何をしたか」という利用状況の管理は非常に重要なことです。AWS(Amazon Web Services)において、これらを自動記録してくれるのが「AWS CloudTrail」です。今回はこの「AWS CloudTrail」の使い方について、基礎からわかりやすく解説していきます。
執筆:NRIネットコム 上野 史瑛、小林 恭平、尾澤 公亮、高梨 友之

執筆:NRIネットコム 上野 史瑛、小林 恭平、尾澤 公亮、高梨 友之

画像
AWSアカウント作成時からすべての操作が記録されている
連載一覧
※本記事は『図解 Amazon Web Servicesの仕組みとサービスがたった1日でよくわかる』を再構成したものです。

AWS CloudTrailとは

 AWSの利用状況を管理するうえで、「誰が、いつ、何に対して、何をしたか」ということを記録しておくことは非常に重要です。AWS CloudTrail(以下、CloudTrail)はAWSアカウントの作成時点から自動ですべての操作を記録するサービスです。

 マネジメントコンソールやプログラムからの操作、AWSサービスにより実行されるアクションすべてを記録し蓄積します。これらの情報からAWSに対して誰がどういった操作をしたのかということを詳しく追うことができ、利用者による不正な操作やプログラムの想定外の動作による思わぬ変更などの調査に役立ちます。

 ログは自動的に90日間保管されますが、設定によりS3などへログをファイルとして保管することも可能です。そうすることで90日を超えてログを保管することができます。S3などへ保管するログファイルは「証跡(Trail)」と呼ばれ、暗号化されて保管されます。また、保管後のログの改ざんを防ぐ機能もあり、何か問題が発生したときの当時の操作記録を証明するための重要な記録となります。CloudTrailはいわばAWSにおける監視カメラといえるでしょう。

記録される操作

 「すべての操作を記録する」と書きましたが、具体的にはAWSの機能であるマネジメントコンソールやAPIといったものを通した操作が記録の対象となります。それに該当しない操作、たとえばSSHやリモートデスクトップを利用してEC2インスタンスへログインしてから行う操作のようなものは記録することができません。具体的には、次のような操作が記録されます。

  1. 1 管理イベント
    マネジメントコンソールへのログイン、EC2インスタンスやS3バケット、Lambda関数などAWSリソースの自体の作成、変更、削除といった操作

  2. 2 データイベント
    S3バケット内のデータ操作(作成、編集、削除)、Lambda関数の実行といったAWSリソースへの操作

  3. 3 インサイトイベント
    AWSアカウントの操作において、普段とは異なる異常な操作(普段のCloudTrailのログから典型的な使用パターンを学習し、そこから逸脱したパターンの操作を検出する機能)

 なお、デフォルトではこのうち1の管理イベントのみが記録されるようになっています。2、3のデータイベント、インサイトイベントは設定を有効にすることで記録されるようになります。

【次ページ】ログ(証跡)を90日を超えて残しておく方法

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます