• 会員限定
  • 2022/07/21 掲載

トラブル急増中、アジャイル開発の契約で「大失敗」を防ぐ5つのポイント

記事をお気に入りリストに登録することができます。
アジャイル開発の導入が広がる中、外部委託先との契約に悩む企業も増え続けている。誤った契約を結べば後々、思わぬしっぺ返しをくらいかねない。とはいえ、アジャイル開発の経験が乏しい状況にあっては、何に注意すべきかも分からず、苦い経験をする企業も後を絶たない。ガートナージャパン シニア ディレクター アナリストの土屋隆一氏が、アジャイル開発の契約における5つの懸案事項を取り上げ、解決の方向性を提示する。

執筆:フリーライター 岡崎勝己

執筆:フリーライター 岡崎勝己

画像
アジャイル開発で失敗する事例が急増している
(出典:Gartner(2022年6月))

アジャイル開発での契約トラブルが急増中

 試行錯誤を繰り返すDXとの親和性の高さから、利用が急伸するアジャイル開発。だが、「それに伴い、外部委託先との契約に苦慮する企業も増えています」と指摘するのは、ガートナージャパン シニア ディレクター アナリストの土屋隆一氏だ。とある契約では予算を5割超過してリリースする結果となり、その後引き継いだベンダーも情報不足で調査工数がかかる結果となったというものだ。

 そこでの苦い経験から、ガートナーに相談を寄せる企業は年々、増えているという。思わぬ落とし穴に陥らないために土屋氏が必要性を訴えるのが、次の5つの観点での契約内容の確認だ。


どのような契約を結べばよいのか? 4つの類型とは

 1つ目は、委託先がどう業務に従事するかを決定する「契約類型」だ。選択肢は「準委任(履行割合)」「準委任(成果完成)」「請負」「派遣」の4つである。

画像
ベンダーへの業務委託契約は「準委任(履行割合)」「準委任(成果完成)」「請負」「派遣」の4つに分類できる
(出典:Gartner(2022年6月))

 このうち、前2つの違いは、支払い基準が前者で「業務の実施」、後者で「成果の完成」であることだ。前者は要件が不確定な契約に、後者はベンダーに品質を担保させたい契約にそれぞれ向くという。ガートナーが146社に実施した調査によれば、アジャイル開発で採用されているのは、準委任(履行割合)とする割合が50%で最も高く、準委任(成果完成)が17%、請負が31%、派遣が2%だった。

 請負は受託業務の完成と瑕疵担保の義務をベンダーが負うことから、「要件の大半を事前に決められるが、残りの部分をイテレーションで柔軟にしたいケースで有効です」(土屋氏)。派遣は、ベンダー要員に指示を出しても唯一、偽装請負にならない契約だが、「ベンダー要員の勤怠管理などの手間が厄介です」(土屋氏)。

 それらのすべてでリスクとなるのが、何らかの問題発生時にベンダーが契約上の義務がないとして免責を主張することだ。また、準委任(成果完成)では、要件が不確定な場合に見積もりが高額になってしまうこと、派遣では、適切な指示を与えられないことでベンダーが有効に機能しないことなどがある。

 免責の対策となるのは当然だが、ベンダー担当作業の達成基準の定義だ。また、まずは小規模プロジェクトを実施し、ベンダーの生産性が安定した後、準委任(成果完成型)や請負の契約を結ぶことで、不確定さに起因する見積もりの肥大化をそれだけ抑えられる。派遣利用時には、スプリントなどでベンダー要員の作業の詳細を把握しておく必要がある。

【次ページ】料金体系はどう設定すべき? インセンティブは必要か?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます