• 会員限定
  • 2017/08/04 掲載

現地直撃!米コワーキング「Runway」はなぜテック系企業に愛されるのか

WeWork最大のライバルの戦い方とは

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
セキュリティゲートを通過し、エレベーターから降りると、真っ赤な扉が目の前に現れた。ここはアメリカ西海岸、サンフランシスコにあるテック系企業が集まるコワーキングスペース「Runway」の入り口だ。ツイッター本社と同じビルにあるこちらのコワーキングスペースは、競争が激化するなか、エッジの利いた特徴で世界のスタートアップを魅了し続けている。果たしてその成長の秘訣とは? 他の追随を許さない強さの秘訣を、ディレクターのケイティー・ドハティ氏に単独インタビューで聞いた。
大洲 早生李

大洲 早生李

慶応義塾大学卒業後、日立製作所に入社。ITコンサルタント、宣伝、広報/IRを経て2008年に双子の子どもの妊娠をきっかけにやむなく退社。子育てしながら働く社会を変えたいとの思いで、フリーランスを経て2011年にマーケティング・コンサルティング会社、株式会社グローバルステージを創業。2013年9月に一般社団法人日本ワーキングママ協会(東京ワーキングママ大学運営)を設立。2015年3月より海外市場調査・マーケティング事業としてグローバルママ研究所を設立し、世界30か国以上で海外調査員のネットワークを持つ。2016年に株式会社コメ兵 社外取締役に就任。国内外を出張ベースで飛び回る3児の母。

画像
アメリカ西海岸、サンフランシスコにあるテック系企業が集まる
コワーキングスペース「Runway」

起業家特有の孤独感から生まれたコワーキングスペース「Runway」

 いざ、起業! アントレプレナーとして1歩踏み出そうと決意したとき、多くの人々が最初に感じるのは孤独感ではないだろうか。この孤独感は、起業家であるかぎりずっとついてまわる。筆者はフリーランス時代から数えると10年以上、起業して7年目を迎えるが、この独特の孤独感に徐々に慣れてきたものの、いまだに一抹の不安を覚えることがある。

 実はこの「起業家特有の孤独感(loneliness)」への疑問こそが、今回紹介する「Runway」が誕生した理由の1つだ。Runwayは、投資家であり起業家でもあったアラン・ヤング氏が2013年に立ち上げたコワーキングスペースだ。ヤング氏は、自らがファンドを立ち上げた際、この孤独感にさいなまれ、1人でいることの大変さを味わった。

 その解決策として打ち出したのが、起業家のための価値あるコミュニティの創出である。いわく「ガレージからはじまるスタートアップなんて、もう時代遅れ。大事なことはコミュニティの一部であること」。

 そこで、有能な起業家たちが集まり、互いに学びあう空間を提供したいとシンプルに考えて作ったのが、Runwayなのだ。シリコンバレーでガレージから立ち上がり、成功したスタートアップには、グーグルやアップルなどがある。しかし、そんな「ガレージ神話」に対抗し、コミュニティやつながりからスタートアップの成長を刺激するというコンセプトは、2013年当時、起業家からとても歓迎された。

 着目すべきは、設立当初から意図を持ってコミュニティ作りを行っていたことだ。スタートアップといわれる企業群の中でも、アッパーなテクノロジー系企業に絞り込み、強いコミュニティを作り上げることに注力した。孤独感をなくしてくれる頼りになるコミュニティの存在こそが最大の強みだとドハティ氏は語る。

 その他、Runwayの特徴としては、会議室や電話ブース以外はクローズドな空間がなく、広々と使える約3千平方メートル(約180畳程度)ものオープンスペース、企業同士のコラボレーションを促進するコミュニケーションの機会や、投資家や雇用につながるコネクションの紹介などがある。
画像
1本道のランウェイを歩いていくと、右から左から、さまざまなスタートアップの企業オフィスが次々と現れる。


 なお、「Runway」の名前にふさわしく、オフィススペースの真ん中を、まるでファッションショーモデルが今にも現れそうな細長い舞台のようにも見える道「ランウェイ」が通っている。

 この1本道のランウェイを歩いていくと、右から左から、さまざまなスタートアップの企業オフィスが次々と現れる。仕切りがないため、閉鎖的な雰囲気がなく、立てかけてある“のぼり”が唯一の会社を区別する目印だ。全体を見渡すと、ある1つの大企業のさまざまな事業部といった雰囲気で、企業同士がしのぎを削っているというよりも、連携しあっているという雰囲気だ。

 取材当日は、ある入居企業のメンバーの1人の誕生日だった。ハッピーバースデイの歌を同僚たちがアカペラで歌ったあと、ロウソクつきのケーキが登場。周囲の人たちも自然と集まってきて笑顔で祝福し、拍手が沸き起こる。カフェやガレージで孤独に黙々と作業するよりも温かみが感じられ、人と人とのゆるやかなつながりや雑談の中から新たなアイデアが生まれそうだ。まさにホームページに書いてある「テクノロジー・イノベーション・ハブ」という言葉がぴったりであった。

【次ページ】世界18か国から集まった多彩なテック系起業家達のコミュニティ

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます