開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/11/09

博報堂、対話から市場形成 「共創型市場調査」マーケティング支援プログラム

博報堂のブランディング専門組織、博報堂ブランドデザインは8日、「未来創造 共創型市場調査」の提供を発表した。

 博報堂ブランドデザインによれば、「共創型市場調査」とは、企業と生活者の対話によって、新たなマーケティングニーズの発見を支援、市場形成を促進するプログラムのこと。表層的な調査では価値が実感しづらいテーマを、「調査→対話→調査」の3ステップに分けて3カ月~6カ月で実施することでより深い調査結果が得られるという。

 事前調査プロセスでは、市場形成に関わるポテンシャルユーザー、高感度パネル、ステークホルダーを共に未来を創造するプロジェクトメンバーとして募集、「サポーター調査SNS」を開設し、コミュニティ化することで、調査参加へのモチベーションを創出する。

 対話プロセスでは、商品スペックや、開発者の想いが伝わる情報提供や体験などの生活者への情報のインプットをもとに対話を行う。また未来の社会やくらしを想像するための問いや、目指す社会に向けた自分との関わりを想像するための問いにより、調査対象を自分のこととして考えられる「自分ごと化」を深めることができるという。

 事後調査のプロセスでは、対話の前後でどのように意識が変化したのか定量、定性的に把握する。

 博報堂では、過去3年間で800件以上のプロジェクト実績を持つコンサルタントチームが対話をリードすることで、生活者が自ら価値を生み出すことが可能だとしている。

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのセミナー

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!