開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/02/06

国内初となる日本語版OpenStack公式トレーニング、NECとモーフ・ラボ

NECラーニングとモーフ・ラボは6日、国内初の体系立てた日本語版OpenStackオフィシャルトレーニングを共同開発したと発表した。

 今回開発したOpenStackオフィシャルトレーニングは「OpenStack概要」と「OpenStackシステム管理1」と「OpenStackシステム管理2」。2014年3月より、順次開講していく。

photo
教育プログラム

 NECラーニングは、Linuxをはじめとするオープンソースソフトウェア(以下、OSS)、クラウドに関する教育を黎明期から手がけている。モーフ・ラボは、OpenStackソリューションのプロバイダーで、インテグレーションと教育を手がけている。また、今回の発表に合わせて、モーフ・ラボはOSS技術の教育事業を行う子会社であるアセアン・ラボ社を設立することも発表している。

 OSS、クラウド、OpenStackのノウハウを持つ両社は、日本市場におけるクラウド構築、運営環境を強化するべく提携し、国内初の体系立てた日本語版OpenStackオフィシャルトレーニングを共同開発した。いずれもOpenStackFoundationの承認を受けたトレーニングになるという。

 受講料は「OpenStack概要」コース(1日間コース)で、4万円(税抜)。

人材育成・人材獲得 ジャンルのセミナー

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!