開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/11/16

ヤフーがOpenStackで5万以上のインスタンスを同時稼働させている理由

OpenStack Summit詳報レポ(前編)

2015年10月27日から30日までの4日間、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で「OpenStack Summit Tokyo 2015」が開催された。OpenStackとはオープンソースで開発されているIaaS型のクラウド基盤ソフトウェア。OpenStack Summitが日本で開催されるのは初。しかも北米以外の開催場所としては最大規模の催しとなった。始まる前から熱気に包まれていたキーノートの概要をリポートする。

フリーライター 中村 仁美

フリーライター 中村 仁美

大阪府出身。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在は主にIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。ネコと歴史(古代~藤原時代、戦国時代)好き。

56カ国5000人以上が参加。会場は熱気に包まれた

 キーノートは、OpenStack Foundationのアンバサダー(大使)の1人であり、日本OpenStackユーザ会のボードメンバーの長谷川章博氏(ビットアイル)の「ようこそ。OpenStack Summit Tokyoへ」という呼びかけで幕を開けた。

photo
日本OpenStackユーザ会 ボードメンバー 長谷川章博 氏(ビットアイル)

 簡単な挨拶の後、キーノートの進行を務めるOpenStack Foundationのエグゼクティブ・ディレクター、Jonathan Bryce氏を舞台に呼び込んだ。

photo
OpenStack Foundation エグゼクティブ・ディレクター Jonathan Bryce氏

関連記事
 OpenStack Summitとは世界中のOpenStackの開発者やユーザー、関連ベンダーなどが一同に介する国際会議である。年2回(春と秋)に開催される。

 「今回は56カ国及ぶ国から5000人の参加者が集まった。このような大きなイベントが開催できたことを感謝している」とBryce氏は参加者、そしてイベントの開催に尽力した日本OpenStackユーザ会のメンバーに謝意を述べた。

 OpenStack Foundationで注力していることの一つとしてBryce氏が挙げたのが教育事業だ。OpenStack FoundationではOpenStack Marketplaceのトレーニングコーナーでは、約100個のコースを紹介している。しかしまだまだ「技術者は少ない」とBryce氏。そこで同組織では個人向けのOpenStack管理技術者認定制度を設定した。それが2016年からスタートする「Certified OpenStack Administrator」だ。

 「新しいテクノロジーが出てきても、それを理解する技術者がいないとその技術は育たない。この制度によってOpenStuckの技術者がどんどん育っていくことを希望している」とBryce氏は語る。

 そして「もう一つの重要なアナウンスがある」と語り、OpenStackの最新版であるLibertyのリリースについて案内した。「12番目のリリースとなったLibertyはこれまでで最大のリリース。コードの行数は400万行。約2000人の開発者が携わった」と言う。実際、会場にもこの開発に携わった技術者が多数来場していた。

 Libertyの開発においては、既存バージョンより「管理性やスケーラビリティの改善に注力した」という。というのも「そういうユーザーの声が多かったから」とBryce氏は説明する。実はOpenStackでは、ユーザーも開発に参加しており、「発言権が大きい」からだ。

OpenStack対応の製品・サービスが続々登場している

 どんな製品、サービスがOpenStackに対応しているか。それについては「OpenStack Marketplace」を見ればわかる。「この5カ月だけで25もの製品が増えた」とBryce氏。ユーザーにとってなぜ、相互運用性が重要か、深掘りするために、DefCoreコミッティーの副議長を務めるRackspaceのプリンパルアーキテクト、Egle Siger氏を呼び込んだ。DefCoreコミッティーはOpenStackの相互運用性の標準を決める委員会である。

photo
DefCoreコミッティー 副議長でRackspaceのプリンパルアーキテクト、Egle Siger氏

 「その製品やサービスの利用度から優先順位を決め、OpenStack対応製品として認められるか評価、リリースへとつなげていく」とSiger氏。またこの活動に関心のある人は参加をすることもできるという。「私かBryce氏に連絡をください」とSiger氏は語り、壇上を去った。

 引き続きBryce氏が披露したのは、縦軸に成熟度、横軸に採用度をとった、各コンポーネントの四象限図。「採用度も成熟度も高いテクノロジーは成功したもの。しかしこの図は常に変わっていく」とBryce氏は説明する。

画像
OpenStackのコンポーネントの採用度・成熟度マップ

 たとえばNovaは成熟度、採用度ともに躍進しているのがわかる。しかし最近のユーザーサーベイでは「NeutronやHeat、Ceilometerの採用度合いが上がっている」とBryce氏は説明。「この採用度と成熟度の図およびユーザーサーベイの結果、さらにデプロイの状況などについては、などについては、OpenStackのWebサイトで公開していくので確認して欲しい」と語った。

 続いてBryce氏は「OpenStackで起きている面白い現象」を紹介。最近はHadoopクラスタ管理機能を提供する「Sahara」では、ベアメタルをIronicで展開するようになってきたという。また「Magmum」にも注目が集まっているとBryce氏。MagmumはDockerコンテナを扱えるようにした技術で、コンテナのオーケストレーション機能をOpenStackに統合するという特徴を持つ技術だ。

【次ページ】Yahoo!Japanのサービス基盤にOpenStackを採用したワケ

オープンソースソフトウェア ジャンルのトピックス

オープンソースソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!