開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2016/04/07

フォルクスワーゲンがOpenStackを大規模採用、「自動車業界はサービス業に変貌」

OpenStack専業のミランティスは、欧州最大の自動車メーカーであるフォルクスワーゲン グループが、次世代のプライベートクラウドのグローバル標準として「Mirantis OpenStack」を採用したと発表した。

photo
 OpenStackの採用により、ビジネスアプリケーションやコンシューマ向けアプリケーション全体の革新を進めるとともに、オープンソースのクラウドプラットフォームを採用することで、グループ全体で標準化し、ITコストを削減するという。

 フォルクスワーゲンは、2015年末にMirantis OpenStackで自社データセンターにIaaS基盤を構築。2016年7月までにPaaSの運用を開始する予定。新しいプラットフォームでは、社内アプリケーション、および消費者向けアプリケーションが稼働し、フォルクスワーゲン グループ全社員と、同社のディーラーやサプライヤーの社員とのつながりを強化するという。

 また、システムはインテルプラットフォームに最適化。インテルのSenior Data Center Solutions Architect であるDr. Markus Leberecht氏は「インテルプラットフォーム上のOpenStackは、クラウドネイティブなアプリケーションやサービスのために何万ものクラウド環境を構築するための理想的なソリューションであり、フォルクスワーゲン社が構築しているクラウドもそのひとつとなります」とコメントしている。


 米NetworkWorldなどが報じたところによると、MirantisはRed Hatとのコンペになり、厳しい選定プロセスを経て最終的な採用が決まったという。

 フォルクスワーゲンのIT Infrastructure担当VPであるMario Muller氏は次のようにコメントしている。

「自動車業界はサービス業に変貌しつつあり、フォルクスワーゲンはアジャイルなソフトウェア改革に取り組んでいます。ミランティスのチームは、堅牢で鍛錬されたディストリビューション、技術的な深い専門性、OpenStackコミュニティへのコミットメント、ならびにフォルクスワーゲンにおけるクラウドトランスフォーメーションを加速する能力を我々に提供してくれます。Mirantis OpenStackが原動力となり、フォルクスワーゲンの開発者は、ソフトウェアをより迅速に開発、提供できるようなります」

関連記事

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!