開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/08/11

グリーとビッグローブ、ネットワーク管理技術の「BGP Monitoring Protocol」検証で協業

グリーとビッグローブ(以下、BIGLOBE)は11日、ゲームサービスおよび高速モバイル通信サービスの品質向上を目指した「BGP Monitoring Protocol」の技術検証を実施。その検証結果を発表した。

 今回共同検証したBGP Monitoring Protocol(以下、BMP)は、相互通信を行うインターネット通信における経路制御プロトコル「BGP」でやり取りされる情報を可視化するためのプロトコル。

photo
「BGP Monitoring Protocol」の仕組み
(出典:BIGLOBEエンジニアブログ)


関連記事
 BMPを使うことで、他社ネットワークの経路情報の異常を調べたり、複数ルータにログインして確認が必要な複雑なトラブルを早期発見が可能になるという。

 こうした運用監視やトラブルシューティングの用途で、BMPはネットワークを運用している企業から注目を集めているといい、今回グリーとBIGLOBEでは、20代の若手エンジニアを中心にBIGLOBEとCiscoの検証ラボを接続、BGP構成を再現して実験した。

 検証では、両社間のネットワークに異常が発生した際に故障原因を速やかに特定、早期復旧するなど、BMP技術が有力な技術であることが確認できたという。グリーによれば、ネットワークの異常を早期に復旧することで、ゲームユーザーにとってのユーザビリティを向上させ、ゲームの高品質な運用が可能になるという。

 一方で、BMP受信を実装しているサーバサイドのソフトウェアの不足、自動化ツールとの連携といった課題も散見された。BIGLOBEとグリーの両社は、検証結果をもとに、BMP技術の標準化および実装に不足している部分やソフトウェア開発に必要な技術要件などを開示し、BMPの標準化活動や、関連ソフトウエアの開発を推進していく考え。

ネットワーク管理・アナライザ ジャンルのセミナー

ネットワーク管理・アナライザ ジャンルのトピックス

ネットワーク管理・アナライザ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!