開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/08/27

栃木県、「オープンデータ・ベリーとちぎ」を開設 公共データを公開

栃木県は25日、県が保有する公共データを民間企業や住民が利用しやすい形で公開するオープンデータサイト「オープンデータ・ベリーとちぎ」の試行版の運用を開始した。地域経済の活性化や新事業創出につなげる考え。

photo
オープンデータ・ベリーとちぎのサイト
 栃木県は、国の「電子行政オープンデータ戦略」を踏まえ、県が保有する公共データを開放する「オープンデータ・ベリーとちぎ」の試行版を開設した。

 同サイトでは、土地情報や住民数、災害情報、交通量調査の結果、病院や学校などの施設、国指定等文化財一覧などの情報を公開しており、民間企業による新規事業の創出などにつなげていきたい考え。

 データは、利用しやすいCSV形式で、クリエイティブコモンズライセンスのもとで公開されるため、二次利用がしやすい。

 1年程度運用し、その後、本格稼動に向けた課題などを検討していく。

 「電子行政オープンデータ戦略」に基づき、政府も7月にITダッシュボードを公開していた。

関連記事

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのトピックス

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!