開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/11/28

日立産業制御と日立システムズ、設備資産管理サービスを共同で提供

日立産業制御ソリューションズ(以下、日立産業制御)と日立システムズは、企業などの設備資産管理(EAM:Enterprise Asset Management)の分野で協業し、両社の製品・サービス、技術・ノウハウ、サービス基盤などを活用したサービスを両社から提供開始すると発表した。

関連記事
 具体的には、日立産業制御の設備・資産管理システム「SmartFAM」と、日立システムズがコンタクトセンターや全国約300ヶ所のサービス拠点などを活用して提供するBPO型サービス「統合資産管理サービス」を組み合わせ、統合資産管理サービスを提供する。

 両社は、それぞれの製品・サービスを組み合わせた本サービスを共同で提供するとともに、顧客ニーズをフィードバックして製品のバージョンアップを行いサービス拡充を図るなど、両社の製品・ノウハウを活用して新たなサービス創出に連携して取り組む方針だ。これらを通じて、両社は2016年度末までに合計約20億円(両社累計)の達成を目指す。

その他運用管理 ジャンルのセミナー

その他運用管理 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!