開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2014/12/11

イーロン・マスクのモノづくりイノベーション、磨き抜かれていても改善の余地はある

電気自動車や宇宙開発ロケットのつくり方に大きな革命を起こしたのが、テスラ・モーターズやスペースXを率いるイーロン・マスクである。マスクは電気自動車にしろ、ロケットにしろ、徹底して自社生産にこだわり、安易な外部委託を否定している。製品開発はともかく、モノづくりというとどうしても決められたことを決められた通りにやる、イノベーションの起きにくいものと考えられているが、そこに常識を疑う姿勢や不可能に挑戦する姿勢を持ち込むことができればたくさんの改善の余地が生まれることになる。

カルマン 代表取締役社長 若松 義人

カルマン 代表取締役社長 若松 義人

1937年宮城県生まれ。トヨタ自動車工業に入社後、生産、原価、購買、業務の各部門で、大野耐一氏のもと「トヨタ生産方式」の実践、改善、普及に努める。その後、農業機械メーカーや住宅メーカー、建設会社、電機関連などでもトヨタ式の導入と実践にあたった。91年韓国大字自動車特別顧問。92年カルマン株式会社設立。現在同社社長。中国西安交通大学客員教授。
著書に『「トヨタ流」自分を伸ばす仕事術』『トヨタ流「改善力」の鍛え方』(以上、成美文庫)、『なぜトヨタは人を育てるのがうまいのか』 『トヨタの上司は現場で何を伝えているのか』『トヨタの社員は机で仕事をしない』『なぜトヨタは逆風を乗り越えられるのか』(以上、PHP新書)、『トヨタ式「改善」の進め方』『トヨタ式「スピード問題解決」』 『「価格半減」のモノづくり術』(以上、PHPビジネス新書)、『トヨタ流最強社員の仕事術』(PHP文庫)、『先進企業の「原価力」』(PHPエディターズ・グループ)、『トヨタ式ならこう解決する!』(東洋経済新報社)、『トヨタ流「視える化」成功ノート』(大和出版)、『トヨタ式改善力』(ダイヤモンド社)などがある。

イーロン・マスクのモノづくりに対する考え方

photo
イーロン・マスク氏
(Photo by JD Lasica

 トヨタ式とフォード・システムは対極にあるように見られているが、実際にはトヨタ式の基礎を築いた大野耐一氏はフォード・システムを考案したヘンリー・フォードの「既成概念にとらわれない姿勢」をとても高く評価していた。フォードは自動車の幌(ほろ)や人造皮革の基礎原料に当然のように木綿を使うことに対して、「本当に綿布はここで使用できる最良の材料なのだろうか?」と疑問を抱き、「他の素材は使えないのか」「綿布のつくり方は今のやり方が最善なのか」とさまざまな試行錯誤を繰り返している。

 フォードは、高価な車を一般の労働者が買える価格にするためにたくさんの工夫をしているが、その過程で「ものづくりでほとんど神聖化されている、数多くのしきたり」に疑問を投げかけ、工場の中にある悪いしきたりを次々と排除している。大野氏はフォード・システムの大量生産方式は取り入れなかったが、フォードの「効率とは、まずい方法をやめて、われわれが知り得る限りの最も良い方法で仕事をすること」という姿勢はしっかりと受け継いでいる。

 「ものづくりで神聖化されている、数多くのしきたり」を打ち破ることで電気自動車や宇宙開発ロケットのつくり方に大きな革命を起こしたのが、自動車業界でフォード以来の上場を実現したテスラ・モーターズや、ロケット開発のスペースXを率いるイーロン・マスクである。マスクのモノづくりに対する考え方はこうだ。

「私はモノづくりが好きだし、多くのイノベーションを注ぎ込める分野だ」
「多くの人はモノづくりを単なるコピーづくりのような退屈なものだと考えているが、われわれの考え方は違う」

 マスクは電気自動車にしろ、ロケットにしろ、徹底して自社生産にこだわり、安易な外部委託を否定している。理由は自社での生産のほうが既存のつくり方、既存のサプライヤーに縛られないからだ。

 スペースXの技術者たちが既存のロケットのコスト構造を調べたところ、多くのロケットの基本技術は何十年も前に設計された、言わば「旧時代の遺物」だったという。それはフォードの言う「神聖化されている、数多くのしきたり」のようなものであり、その一つひとつに疑問を投げかけ、ゼロベースで発想した結果が他社のロケットより圧倒的に安い低コストを可能することになった。

 さらに技術への信頼もある。だからこそNASAはスペースXとの間で国際宇宙ステーションに物資や人員を輸送する契約を結んだわけだが、それを可能にしたのはマスクの常識を疑う姿勢であり、「私はモノづくりが好きだ」と言い切るモノづくりへの強い情熱と言える。

【次ページ】テスラの工場は元はトヨタとGMが共同で車づくりを行っていた跡地

イノベーション ジャンルのトピックス

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!