開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2015/01/29

ソディック、SAPとのデータ連携に「ASTERIA WARP」を採用

インフォテリアは、ソディックの基幹システムであるSAPと周辺サブシステムとの接続に、企業データ連携製品ASTERIAシリーズの「ASTERIA WARP」が採用されたことを発表した。

関連記事
 ソディックは、放電加工機械、鋳出成形機械、食品加工機械などを製造。同社は、これまで国や地域ごとに15の基幹システムを構築・運用していたが、グローバル戦略を加速させるため、基幹システムをSAPに統合した。その際に必要となったSAP周辺のサブシステムを、キヤノンソフトウェアの支援の下に自社で構築し、新システムへの移行を3ヶ月の開発期間で実現した。

 本プロジェクトで採用されたASTERIA WARPは、ノンプログラミングでのシステム連携開発を実現し、開発期間の短縮に貢献したという。また、同社では、連携部分を担っているASTERIA WARPと内製システムにより、将来的な業務フローの変更に対して柔軟に対応可能な環境を構築した。

photo
システム構成図

製造業IT ジャンルのセミナー

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!