ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

金融業IT SDN・OpenFlow

2015年04月08日

NEC、愛媛銀行のネットワーク基盤をSDNで構築 ネットワーク運用業務を年間約30%削減

NECは8日、Software-Defined Networking(以下、SDN)を利用して愛媛銀行のネットワーク基盤を構築したことを発表した。

photo

従来ネットワークとSDNネットワークの違い


 愛媛銀行は今回、勘定系システムや情報系システムなど、これまでシステム単位で準備していた複数のネットワーク機器を統合し、SDNを活用した仮想ネットワークを構築した。

 SDNを活用した仮想ネットワーク導入で、ネットワーク構成や通信状態の可視化も実現し、ネットワークの一元的な管理・制御および全体把握が可能に。これにより、万一の障害発生時においても、迅速な対応を可能にしたという。

 ネットワークの増設や構成変更において、一元的に設計および各機器への設定の適用が可能となるため、従来の複雑な設定変更作業やネットワーク運用に費やしていた時間を約30パーセント削減。新たなネットワーク環境も物理構成に依存せずに迅速に構築できるため、顧客ニーズに応じた新サービスの提供や店舗ごとの戦略的なシステム変更などにも迅速に対応できるという。 

 なお、SDNを活用したネットワーク基盤の導入は金融業界初の事例となる。

金融業IT ジャンルのセミナー

一覧へ

金融業IT ジャンルのトピックス

一覧へ

金融業IT ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

ネットワーク記事 愛媛銀行

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング