開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/04/17

マスプロ電工、AWS基盤上に「LanScope Cat」を構築 PCセキュリティ対策で

エムオーテックス(以下、MOTEX)は17日、マスプロ電工のAmazon Web Services(以下 AWS)基盤上に情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」を導入・構築したと発表した。

 マスプロ電工はテレビ用受信アンテナ、放送中継機器などを製造・販売する電気機器メーカー。

photo
マスプロ電工 AWS構成イメージ

 同社は今回、新規事業である360度カメラのECサイト販売をきっかけにAWSの仮想サーバー「Amazon EC2」にLanScope Catマネージャーを構築。国内50拠点、ベトナム・スリランカの海外2拠点を含めたPC700台をインターネット経由で統合管理できるようにした。

 AWSを採用したことで、イニシャルコスト・メンテナンス工数を削減し、月額3万円程度で運用しているという。
関連記事

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのセミナー

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのトピックス

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!