開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/06/17

WebスケールITとは何か? グーグルやアマゾンのデータセンターはどこがスゴイのか

ガートナー 田崎 堅志氏が解説

ガートナーでは、グーグルやフェイスブック、アマゾンといった大手のクラウド・サービス・プロバイダーなどに共通して見られるITインフラの特徴を「WebスケールIT」と呼んでいる。短期間でのサービス開発、変化に柔軟に対応する拡張性、圧倒的な効率性などITが直面する課題を解決するためにクラウドのアーキテクチャで構築された分散システムは、最近では一般企業からも大いに注目を集めている。これまで導入が難しいとされてきた「WebスケールIT」を、一般企業が取り入れていくために必要なポイントは何かについて解説していきたい。

ガートナー リサーチ部門 リサーチ バイスプレジデント 田崎 堅志

ガートナー リサーチ部門 リサーチ バイスプレジデント 田崎 堅志

リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ リサーチ バイスプレジデント。1991年よりデータクエスト ジャパン (現ガートナー ジャパン) にてデータ・ネットワーキングやボイス・コミュニケーション、パブリック・ネットワーク、モバイル・コミュニケーション、通信事業者のデータセンター・ビジネスなど、テレコミュニケーション産業全般にわたる動向分析ならびにマーケティング・コンサルティングに従事。ガートナー ジャパン入社以前は、富士通にて通信処理マルチマイクロプロセッサ、ネットワーク・アーキテクチャ、高速パケット通信システムの研究開発、ネットワーク・システムおよびネットワーク・ソフトウェア製品の企画開発、プロジェクト・マネジメントを担当。高速光LAN、TDM、ネットワーク・サービス・プロセッサなど企業向け通信システム製品のハードウェアおよびソフトウェアを商品化。IEEE Communications SocietyおよびComputer Society会員。電子工学修士。上智大学卒。

photo

圧倒的な効率性とスピード感、安定性を高いバランスで両立する「WebスケールIT」

ガートナー関連記事
 巨大化、複雑化する企業のITシステム環境の課題を打破するものとして「WebスケールIT」という考え方が注目されている。WebスケールITとは、グーグルやアマゾン、フェイスブックといった大手のクラウド・サービス・プロバイダーに共通してみられるクラウド特有のアーキテクチャによる分散システムで、高度に自動化された運用管理により、システム規模の拡張にも、負荷を最小限に抑えることが可能な特長を備える。

 一例を示すと、グーグルのデータセンターのエネルギー利用効率(PUE)は1.07という数値である。PUEとは、データセンターなどのIT関連施設のエネルギー効率を表す指標の一つで、理論上1を下回ることはない。企業のデータセンターは、平均で2、あるいはそれ以上といわれる。



 また、アマゾンにおいては、新規ソフトウェア展開がシステム停止を誘引する割合は、0.001%といわれる。これは、10万回新しいアプリを展開して、そのうちシステム停止したのが1回という割合だ。大変なスピード感を持ってアプリを展開しつつ、非常に高い安定性を実現している。

 そして、フェイスブックでは、1人の技術者が担当するサーバの台数は、実に2万4,000台にのぼる。一般的な企業のデータセンターでは、数人で100台単位を担当するケースが多いのではないだろうか。これを見ると、フェイスブックの運用効率が桁外れに高いことがわかる。

 特定のビジネス領域では、このようなスピードや拡張性が当たり前になりつつある。もし、皆さんの競合企業がこんな能力を身につけたらどうなるかを想像してみてほしい。皆さんの企業の存続にも関わる問題だと理解できるはずだ。

画像
WebスケールITは、常識を覆すシンギュラリティ(特異点)だ
(出典:ガートナー、2015)


【次ページ】グーグルやアマゾンはハードウェアベンダーから機器を購入していない

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのセミナー

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのトピックス

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!