開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/08/05

IoTやウェアラブルで「電池」にも新トレンド、ソリッドステート電池やフロー電池など

ウェアラブルデバイスやIoT (Internet of Things)などのテクノロジーの進化は、電池市場にも変化をもたらしている。リチウムイオン電池が主なシェアを占める一方で、金属空気電池、フロー電池、ナトリウム硫黄電池、ソリッドステート電池といった新たな電池が今後シェアを伸ばすことが見込まれている。

photo
関連記事
 フロスト&サリバンの調査分析「メガトレンドが電池市場にもたらすインパクト(Implications of Mega Trends on Batteries)」によると、IoTや通信、患者の遠隔モニタリングなどに必要となる、あらゆるモノを接続するコネクティビティの広まりは、IT、通信やヘルスケアといった産業用電池の需要促進につながる見込みだ。

 さらに、住宅や産業向けのエネルギー貯蔵システムを必要とする再生可能エネルギーやスマートグリッドの幅広い導入の拡大も、電池の需要増加を促進していくという。

 中でも、スマートグリッドやヘルスケア関連のウェアラブルデバイス、コネクテッドホームに不可欠なセンサー向けのセンサー用電池は、電池市場に今後大きな変化をもたらす要素となる。

 フロスト&サリバンの分析では、IoTやウェアラブルデバイス、スマートシティ、エネルギー貯蔵に必須のセンサーには、リチウムイオン電池(充電式および非充電式)が主に用いられる見通しとなり、コンシューマー、自動車、工業、グリッドエネルギー貯蔵システム、再生可能エネルギー貯蔵システム向けを含んだリチウムイオン電池の世界市場規模は2020年に550億米ドルに成長する予測となっている。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

新エネルギー ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!