ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2016年11月16日

IBM CEO ジニ・ロメッティ氏がドナルド・トランプ次期大統領に手紙で伝えた6つの提案

日本時間11月9日、ドナルド・トランプ次期大統領が誕生した。クリントン氏の敗北とトランプ氏の勝利の各方面での原因分析が進む中、トランプ氏が大統領に就任した後、実際にどんな政治を繰り広げるのかに注目が集まっている。企業経営者もトランプ氏に注目し、今後のビジネスを考えている。IBM CEO ジニ・ロメッティ氏はアメリカ時間15日、トランプ氏に宛てた手紙を発表した。その全文と、そこに書かれた政治に対する提言を紹介する。

photo

ロメッティ氏はトランプ氏にどんな提案をしたのだろうか



次期大統領へのメッセージ

photo
(クリックで拡大)

IBM 会長・社長兼CEO
ジニ・ロメッティ氏

次期大統領へ

 第45代アメリカ合衆国大統領選挙当選、おめでとうございます。

 先週火曜の夜、あなたは国をまとめ、あらゆる人の利益のために、人々の創造的な才能を活用する機会とよりよい未来を構築するとおっしゃっていました。アメリカのすべての人にとって良い方法であなたがアメリカ経済を成長させるようあなたはコミットすると、私は思っています。

 あなたが発言した思いを実現するために役立ち、また、重大な変化の時の国家的アジェンダを進めるアイデアを提案するため、この手紙を書いています。アメリカ最大のテクノロジー企業の雇用者として、アメリカをリードする特許の創造者として、繁栄と進歩はあらゆる人の可能性を解放することで達成されると信じた105年以上の歴史を持つ企業として、私はこの手紙を書いています。いくつかの具体的な提案をすることをお許しください。

「ニューカラー(New Collar)」ジョブの創造

 今日のIBMで仕事を得るには、常に大卒資格が必要というわけではありません。アメリカ国内での拠点の中には、3分の1の従業員が四年制大学卒業未満の学位保持者です。最も重要なのは、業務に関連したスキルで、それは時として職業訓練を通して獲得されるものです。さらに、我々は「ニューカラー」ジョブを創出し、その仕事に従事するための人材を採用しています。「ニューカラー」ジョブはまったく新しい役割で、サイバーセキュリティ、データサイエンス、人工知能とコグニティブビジネスなどの分野で必要とされます。

 あなたは職業訓練の重要性について語りました。そして我々は賛同します。IBMはアメリカ合衆国のための新しい教育モデルに関わってきました。伝統的な教育と最良のコミュニティ・カレッジ、指導、そして現実社会での仕事の経験を組み合わせた6年間の公立高校がその例です。これらの学校の中で最初のものは、IBMのサポートで5年前にニューヨークで開校しました。最初の卒業生の中には、我々が採用した人たちもいます。このような学校はアメリカ国内ですぐに100校に及ぶでしょう。あなたの支援があれば、我々はもっとこういうことができるでしょう。この職業訓練のアプローチを拡大させ、ここアメリカで必要とされる「ニューカラー」のIT関連の仕事に従事するために訓練された能力のある人材の一団を創りましょう。

インテリジェントでセキュアなインフラの構築

 あなたは我々に、アメリカのインフラに投資すべきだと言いましたが、我々も賛成です。我々は大きなものを創るので、それならスマートなものを作りましょう。IoTと人工知能を統合してパフォーマンスを改善するインフラ投資にこの国は焦点を当てるべきです。そしてインフラがスマートになるにつれ、サイバーセキュリティの需要が高まり、重要なネットワークは妥協を許さないものとなります。州と各地域がインテリジェントでセキュアな道路、橋、建物、その他公共施設を建設するインセンティブを含むインフラ政策を実践することをお勧めします。

【次ページ】ワトソンを活用した退役軍人支援

リーダーシップ ジャンルのトピックス

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング