ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2017/12/01 掲載

建設業界のロボット開発まとめ、清水建設や竹中工務店らがこぞって開発の理由とは

連載:世界のロボット新製品

記事をお気に入りリストに登録することができます。
9月度のロボット新製品は、過去最多水準の勢いの82機種にも及んだ。ロボット開発競争の勢いは留まるところを見せない。今回はこのロボット新製品の中で見えてきた新しい流れを追ってみたい。特に建設向けロボットはもっともだ。2020年の東京オリンピックを迎えて、国内の建設業界は活況となっている一方で、深刻な労働者不足に悩まされている。その中で、ロボットでの省人化を各社が模索し始めている。

アスラテック 事業開発部部長 羽田卓生

アスラテック 事業開発部部長 羽田卓生

1998年にソフトバンク入社後、メディアビジネスや通信ビジネスに主に従事。2013年のアスラテックの立ち上げ時より同社に参画。現在、事業開発部門の責任者を務める(2019年6月時点)。任意団体ロボットパイオニアフォーラムジャパン代表幹事。

photo
建設業界ではロボットへの期待が高まっている
(© chombosan – Fotolia)


9月に発表されたロボット製品は82機種

 筆者が所属するアスラテックでは、全世界をターゲットに、サービスロボットの開発動向に関する調査を行っている。その2017年9月度のレポートにおいて、世界で発表されたのを確認できたロボット製品は82製品に及ぶ。この数は過去最高水準で、それだけ世界のロボット開発競争は激化していると言える。

画像
2017年9月に確認されたロボット新製品
※この記事において登場する製品に関しては、筆者が所属するアスラテックの「サービスロボットの開発動向に関する調査~全世界版~」に掲載されている製品を基にしている。またここで示されるデータは、各社が発表している情報をもとにアスラテックが独自に集計している。
※当該期間に発表されたプレスリリースや報道において、国内で開発されたロボットとして取り上げられた製品のうち、工場などで使われる産業ロボット以外のものを「サービスロボット」としている。それらのサービスロボットについて追跡調査を行い、製作が完了した時期(商品の場合は発売時期)とジャンルをまとめた。プレスリリースなどで発表されていても、開発途中のロボットは含めていない。なお、サービスロボットのジャンル区分は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2010年に発表した「2035年に向けたロボット産業の将来市場予測」における、サービス分野のロボット分類に準じ、そのいずれにも該当しないロボットについては「その他」に分類している。


 構成要素としては、8月と変化がなく、見守り・コミュニケーション、ホビー、教育の3ジャンルが構成要素の過半を占める結果となった。

 また、引き続き日・米・中の3カ国でロボット開発をけん引していることが伺える。3カ国のシェアが87%強。90%に迫る比率だ。この3カ国のロボット開発の勢いは加速する一方である。

photo
2017年8月に確認されたロボット新製品(国別)

再点火した建設向けロボット競争

 当連載のベースになっているアスラテックのレポートでは、建設業界向けのロボット製品が98製品確認されている。その数は着実に伸びてきており、この分野に対するロボットへの期待がうかがえる。

 ソフトバンクのPepper発売に代表される2014年ごろより始まる第三次ロボットブーム。遡ること30年前に起きた1980年代の第一次ロボットブームのころにも、多くの建設向けロボットが開発されていた。一度、その開発競争の火は消えたものの、再点火した形となっている。

 では、実際どのようなロボット製品が開発されているのかというと、点検・調査、施工、環荷物搬送が上位に並ぶ。以下、具体的なロボット製品を見ていきたい。

画像
建設業向けロボット(用途別)

橋梁橋を自動的に点検作業できるロボット

 NEDOプロジェクトにおいて、イクシスリサーチが発表したのが、橋梁点検用ロボットだ。橋梁点検用のステレオカメラを搭載した橋梁近接目視作業を代替するのがこのロボットの目的となる。

photo
NEDOプロジェクトにおいてイクシスリサーチが開発した橋梁近接目視代替ロボット
(出典:NEDO報道発表)


関連記事
 橋の鋼桁下フランジを移動しながら鋼桁を撮影し、撮影画像を画像処理して近接目視点検および点検調書を作成することができる。

 従来の橋梁点検のための高架下への足場の設置や、高所作業車または橋梁点検車の使用に伴うコスト高を削減するとともに、橋上の交通規制を最小限にすることで、橋梁維持管理の効率化が期待できる。

 建設向けロボットとしては、一番多いのが、点検作業用ロボットとなる。建設された橋、ダム、トンネルなどは保守が必要となる。それらの保守作業を行っていた人の代替としてロボットは大きなテーマとなっている。

【次ページ】重作業をロボットが人をアシストする配筋アシストロボ

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます