開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2018/03/16

マイクロソフトがWindows 10に搭載する「Windows ML」とは

マイクロソフトは、Windows 10に機械学習専用のAPI「Windows ML」を搭載すると、3月7日に米国で開催したイベント「Windows Developer Day 2018 March」において明らかにしました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

photo
Windows ML発表

 Windows MLには大きく分けて2つの側面があります。1つは、あらかじめ学習済みのモデルをONNX形式として読み込んでWindows 10上で実行するという、Windowsマシン上での機械学習実行環境の提供です。クラウドに依存することなく、学習済みモデルをローカルで実行できます。

 「ONNX形式」とは、マイクロソフト、Facebook、Amazon Web Servicesが協力して策定している学習済みモデルの共通フォーマット。またWindows MLが提供するツールを用いてCaffeやCNTKの学習済みモデルの読み込みもサポートするとのこと。

 そして2つ目は、その機械学習実行環境に対してWindowsアプリケーションから呼び出しを行うためのAPIの提供です。

photo
Windows MLの利用法

クラウドに接続することなくWindowsアプリにインテリジェンスを組み込める

 Windows MLによって、あらかじめMicrosoft Azureなどで学習させた学習済みモデルをWindows 10に読み込み、API経由でアプリケーションから簡単に呼び出し、実行できるようになります。

 ローカルのPC上で実行されるWindowsアプリケーションに機械学習で得た画像認識や音声認識などのインテリジェンスを簡単に組み込めるようになるため、インターネット経由でクラウドの機械学習機能を呼び出すのと比べて、インターネットへの接続環境が不要になり、クラウドの利用料金も不要、PCの処理能力に依存しますがレスポンスも速くなる可能性があります。

 Windows MLによる学習済みモデルの実行時にはCPUやGPUが活用されますが、そうしたハードウェア利用の最適化はWindows MLが行うため、アプリケーション開発者はAPIを通じて透過的にどのようなハードウェア構成でも機械学習機能を利用できるとしています。

photo
Windows MLアーキテクチャ

 デモの1つとして、PCのカメラで撮影したライブ映像に対してリアルタイムで学習済みの絵画のタッチを反映させる、というアプリケーションが紹介されました。

photo
Windows MLのデモ

 マイクロソフトは現在、深層学習に特化した画像処理プロセッサ(Visual Processing Unit)であるインテルのMovidiusへのWindows ML対応も進めており、近い将来こうしたAI専用プロセッサがPCに搭載されると、AI処理の大幅な高速化が期待できるとしました。

photo
Windows MLはインテルのAIチップにも対応予定

 


AI・人工知能・機械学習 ジャンルのトピックス

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!