• 会員限定
  • 2019/12/03 掲載

YouTubeで話題「ASMR」とは? 大企業も参入する“魅力”に迫る

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
若者を中心に、主にスマホで視聴し投稿している「動画」の世界は、今後も市場規模が右肩上がりで伸びていくと予測される。中でも注目トレンドは、さまざまな音を聞いて気持ちよさを感じる「ASMR(エーエスエムアール)」だ。人気の「カリスマASMRIST(アスマーリスト)」も出現している。日本では、音フェチ・快感系のコンテンツが主流で、大企業も参入しはじめた。今後はサウンドにビジュアルを追加して、「音で気持ちよくなる」から「音と視覚で気持ちよくなる」へ向かう流れとなるか?
画像
ハマる人続出、人気動画ジャンル「ASMR」って何だ? 博報堂や湖池屋も参入するASMR市場の動向を解説
(Photo/Getty Images)

動画はスマホで楽しむ「パーソナルな娯楽」

 ICTテクノロジーの発達により、今やすっかり身近な存在になったエンタテイメント「動画」。スマホがあればいつでも、どこでも好きなコンテンツを視聴できる。誰でも映像作家になってYouTubeのような動画サイトに投稿でき、再生回数を稼げば広告収入が得られる。

 サイバーエージェント・オンラインビデオ総研とデジタルインファクトが調査し2018年11月に発表した「国内動画広告の市場動向調査」によると、2018年のYouTubeなど国内動画広告市場は1,843億円と推計され、前年比で34.1%増加した。今後も、市場規模は右肩上がりの成長を続け、2024年には2018年比で2.69倍の4,957億円に達すると予測されている。

画像
国内動画広告の市場規模の推計・予測
(出典:サイバーエージェント・オンラインビデオ総研、デジタルインファクト「国内動画広告の市場動向調査」(2018年11月発表))

 動画最大のプロバイダー「YouTube」の主要視聴ユーザーは若者で、彼らはコンテンツの8~9割をスマホで視聴しているというデータがある。

 ニールセンが「デジタルコンテンツ視聴率」の2019年1月のデータをもとに、同年3月に発表したレポートによると、YouTubeの利用率は18-20歳が88%で最も高く、20代は85%、30代は80%、40代は75%と、年齢層が高くなるにつれて下がる。50歳以上のシニア層は37%しかいない。

 YouTube動画は、パソコンやタブレット端末、スマホでも、特定の機器をつなげばテレビでも視聴できるが、現在最も使われる視聴デバイスはスマホだ。YouTubeを「スマホのみで視聴する」回答は、年齢が若いほど高く、18-20歳は87%、20代は81%である。

画像
YouTubeの年齢層別の利用率
(出典:ニールセン ソースは「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率」(2019年1月))

 若者にとってYouTube動画は、大きな画面で視聴するより、数インチのスマホ画面で楽しむもの。時間が空いたら自分だけ見て楽しむ、パーソナルな娯楽になっている。それを「食」にたとえれば、自宅や外食店での3度の食事ではなく、小腹がすいたらスナック菓子をちょっとつまむような感覚だ。



人気動画ジャンル「ASMR」とは?

 ちょっとつまんで楽しむものだから、若者の間での、YouTubeコンテンツの流行りすたりのサイクルは短い。だが、いま再生回数を大きく伸ばしているジャンルが「ASMR(エーエスエムアール)」である。YouTube上では再生回数100万回オーバーのコンテンツがいくつかある。

 ASMRは英語の「Autonomous Sensory Meridian Response」の略で、2010年2月にニューヨーク州在住のジェニファー・アレン(Jennifer Allen)という女性が名付けた。日本語では「自律感覚絶頂反応」と訳されている。「絶頂」と言っても「ちょっと気持ちよくなる」程度。聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良くなる、脳がゾワゾワするといった反応・感覚のことをいう。

 では、どんなものを聞いたら気持ちよくなれるのだろうか?

 「氷をゴリゴリかむ音」「ポテトチップスをポリポリ食べる咀嚼音」「耳の中を耳かきや綿棒でこするコソコソ音」「炭酸水をコップに入れるシュワシュワ音」「食材を包丁で切るコトコト音」「電卓やパソコンのキーボートをたたくカタカタ音」「ポリ袋を丸めるガサガサ音」「肉を焼くジュワジュワ音」「たき火が燃えるパチパチ音」「クルマや電車や飛行機の通過音」「衣ずれの音」などなど。


 これらはYouTube上のASMR人気動画のほんの一例だ。雨、波、滝の音や小鳥のさえずりのような誰もが好感を持つ「ヒーリング音」ではなく、日常生活で聞かれる音ばかり。


 人によっては「何が気持ちいいのか?」「自分には不快だ」という感想も聞かれそうだが、コメント欄に「リラックスしてイヤなことを忘れられる」「エンドレスで聞くとゆっくり眠れる」「勉強、作業がはかどる」などと書き込む人が結構存在する。

 それはまさに、好きなものが十人十色で全く異なるパーソナルな娯楽だ。スマホにイヤホンやヘッドホンをつないだら、数分間でも自分だけの世界で気持ちよく楽しめる。これは、レポートの結果で示された若者のYouTube動画の楽しみ方にピタリと一致する。ASMRは、現代日本の若者の嗜好に合ったコンテンツと言えそうだ。

 YouTubeで「HIKAKIN」「はじめしゃちょー」のようなカリスマ・ユーチューバーが出現したように、ASMR動画でも道具を駆使してさまざまな「音」を量産する「はとむぎ」や、「萌え声」を出す“ASMRの女王”こと「まこと。」のようなカリスマ投稿者が出現。彼らのことを「ASMRIST(アスマーリスト)」と呼んでいる。

【次ページ】“一過性の人気”と侮れない、大企業も参入するASMR市場。各社の動向は?

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます