開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/10/17

PS5が「ゲーム機史上最大に売れまくる」と言えるワケ、推定原価はなんと…

日本や米国で11月12日に発売されるソニーの「プレイステーション5(PS5)」は、ハイスペックでありながら極めて戦略的な価格がついた。楽天証券経済研究所チーフアナリストの今中 能夫氏は、PS5の世界販売台数を「5、6年の間に2~3億台」と予測する。この数字は、家庭用ゲーム機で過去最大だったPS2の1億5768万台を大きく上回るものだ。PS5の原価はいくらなのか? なぜその価格で売るのか。大注目を集める理由に迫った。

経済ジャーナリスト 寺尾 淳

経済ジャーナリスト 寺尾 淳

経済ジャーナリスト。1959年7月1日生まれ。同志社大学法学部卒。「週刊現代」「NEXT」「FORBES日本版」等の記者を経て、経済・経営に関する執筆活動を続けている。

画像
11月12日に発売される「プレイステーション5」
(出典:ソニー・インタラクティブエンタテインメント報道発表資料)


PS5は史上最大「5、6年で2~3億台」売れる?

 11月12日、ソニーの「プレイステーション5(PS5)」が日本や北米、メキシコ、オセアニア、韓国で発売される(ヨーロッパなど他地域では19日発売)。

 9月17日に発表された希望小売価格は、BDプレーヤー内蔵の標準型が日本4万9,980円、北米499.99ドルで、ダウンロード専用機のデジタルエディションが日本3万9,980円、北米399.99ドルとなっている(税別)。6年9カ月ぶりのPS本体の新作ということで、全世界で話題沸騰中だ。日本では販売店に予約が殺到し、これから予約しても年内の入手はまず困難だと言われている。

 その世界販売台数について「5、6年の間に2億台から3億台」と予測するのは、楽天証券経済研究所チーフアナリストの今中 能夫氏である。

「PS5は、過去最大だったPS2を抜いて、家庭用ゲーム機史上最大の普及台数を記録する可能性があります」(今中氏)

 この予測がどれほどのことを意味するのか、まずは歴代のプレイステーションの販売台数と比較して説明しよう。


歴代プレイステーションの販売台数と比較

 ソニーの「プレイステーション(PS)」の歴史は、26年前の1994年にさかのぼる。現在のソニー・インタラクティブ・エンタテインメント(SIE)の前身、ソニー・コンピュータ・エンタテイメント(SCE)が設立されたのは1993年11月。翌1994年の12月3日、初代「プレイステーション」が発売され、全世界で累計1億2408万台を売り上げている。

 2000年3月に発売した「プレイステーション2」は、当時出回り始めたDVDプレーヤーとして買い求めた人もいて、世界累計で1億5768万台を販売した。その頃までのPSの日本市場におけるキラーソフトは「ドラゴンクエスト」シリーズだった。

 2006年11月発売の「プレイステーション3」の国内キラーソフトは「ファイナルファンタジーXIII」に代わるが、世界累計販売台数は1億に届かず8741万台にとどまった。2014年2月に登場した「プレイステーション4」では、世界累計で再び1億の大台に乗せ、2020年6月末までに1億1210万台を販売している。PS4の日本でのキラーソフトは「モンスターハンター:ワールド」だった。

画像
歴代「プレイステーション」の世界販売台数

 初代からPS4までの歴代機種に「ポケットステーション」(1999年1月発売)、「PSP」(2004年12月発売)、「PS Vita」(2011年12月発売)、「PS4 PRO」(2016年11月発売)などの「スピンアウト企画もの」を加えた世界累計販売台数は、24年間かけて2018年8月に5億台を突破した。

 ここで、前述の「5、6年で2~3億台」という今中氏の予測を思い出してほしい。「PS5」は2020年代の前半だけで、その半分相当の台数を売り切ってしまいそうだというのである。その勢いには、「あつまれ どうぶつの森」の大ヒットに沸く任天堂の「Nintendo Switch」も、PS5発売日の2日前の11月10日に発売されるマイクロソフトの「Xbox series X/S」も、かすんでしまいそうだ。

 なぜ、PS5はこんなに売れると見込まれているのだろうか。今中氏は、その理由としてまず「価格でのサプライズ」を挙げる。

【次ページ】初期ロットの原価はなんと……。戦略的な価格設定ができたワケ

お勧め記事

競争力強化 ジャンルのトピックス

競争力強化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!