開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2022/04/16

ExcelのCOUNTIFS関数をわかりやすく図解、複数条件を満たすデータ件数を数える

連載:今日から使えるExcel最強活用術

「晴れ/くもり/雨」「出席/欠席」のように、限られた種類の値しか持たないセルの数をカウントしたい場合に有効なのがCOUNTIF関数です。COUNTIF関数は特定の条件を満たすセルの数をカウントする関数です。一方、COUNTIF関数で設定できる条件は1つだけです。この条件を複数設定できるのが「COUNTIFS関数」です。図を使ってわかりやすく解説します。

藤井 直弥、大山 啓介

藤井 直弥、大山 啓介

藤井 直弥(ふじい・なおや)
Excel研修講師。業務改善コンサルタント。研修やセミナーの受講生は延べ一万人を超える。研修の主たるテーマは「多くの人が日々の直面している日常の業務を、いかに効率よく、そしてミスなく遂行するか」といった業務改善策の提案。そのための実践ノウハウや、Excelを用いたビジネス分析の手法などを一人でも多くの人に伝えることを使命として日々奮闘している。Excelの業務効率化を極めることが人生の目標の1つ。

大山 啓介(おおやま・けいすけ)
編集者・著述家。Excelの解説書籍を中心に、WordやPowerPointなどのOffice製品の解説書籍の執筆・編集などを行う。Excelとは20年以上の付き合いで、あらゆる機能の使い方を熟知している。日夜、Excelに苦手意識のある人に大して「どのように解説したら、よりわかりやすいか」を探求しており、多くの経験と実績を積み重ねている。自称Excel博士。趣味は京都探訪とロードバイク。


※本記事は『Excel 最強の教科書[完全版]【2nd Edition】』を再構成したものです。

複数の条件式を同時に満たすデータのみをカウントする

 複数の条件を満たすセルの数をカウントするには、COUNTIFS関数を使用します。この関数を使用すると、COUNTIF関数では1つしか指定できなかった「カウント対象を絞り込むための条件」を最大127個まで指定できます。このことから、COUNTIFS関数はCOUNTIF関数の上位関数ともいえます。

=COUNTIFS(検索条件範囲1,検索条件1,検索条件範囲2,検索条件2……)

 下図では、COUNTIFS関数を使用して次のデータ件数をカウントしています。

  • 商品名が「デスクトップPC」で、対象店舗が「東京本店」の販売数
  • 商品名が「タブレット」で、対象店舗が「東京本店」の販売数
  • 商品名が「PC用デスク」で、対象店舗が「東京本店」の販売数

画像
販売記録をもとに、「店舗」列の値が「東京本店」のデータについて、3つの商品それぞれの販売個数を算出した。「商品名」「店舗」の2つの列の値と条件を指定して、対象データの数をカウントできた

セル範囲と条件のペアを順番に指定する

 それでは実際にCOUNTIFS関数を記述してみましょう。ここでは前ページで紹介した、対象店舗が「東京本店」の商品別の販売数を求める方法を紹介します。ポイントは「セル範囲と条件式のペアを順番に指定する」です。そのため、COUNTIFS関数の引数の数は基本的に偶数個になります。このことは覚えておいてください。

画像

これも重要! COUNTIFS関数はとても便利な関数の1つ
COUNTIFS関数は、いってしまえば「条件に合致するセルの数をカウントするだけの関数」ではあるのですが、その使い道は実に多様です。この記事でも主なものをいくつか紹介していますが、これら以外にもいろいろな使い方があります。

参照形式を使い分けることが大切

 COUNTIFS関数を記入したセルを、コピー&ペーストで再利用するためには、セルの参照形式を適切に使い分けることが必要です。具体的には、引数「検索条件範囲」(セル範囲)は絶対参照で指定し、引数「検索条件」はその内容によって絶対参照と相対参照を使い分けます

 例えば、前ページの例の場合、「対象店舗=東京本店」はすべての集計に共通の検索条件なので、絶対参照で指定します。一方で、もう1つの検索条件である「商品名」は行ごとに異なるので、相対参照にします(下図参照)。

画像

 このような形で参照形式を指定しておけば、後はセルH4を他のセルにコピーするだけで、すばやく複数項目をカウントできます。なお、セルをコピーする際は「フィルハンドルをダブルクリックする方法」が便利です。

画像

【次ページ】「東京」と「営業」の両方を含むデータか否かを判定する

Office、文書管理・検索 ジャンルのセミナー

Office、文書管理・検索 ジャンルのトピックス

Office、文書管理・検索 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!