• 会員限定
  • 2022/05/04 掲載

Unreal Engine 5がメタバースを加速、ソニーとレゴがフォートナイト企業に投資のワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
フォートナイト開発企業としてだけでなく、メタバース関連企業としても注目される米エピック・ゲームズは4月、ソニーとKirkbi(レゴの親会社)から計20億ドル(約2,562億円)を調達した。出資額は、ソニーとKirkbiがそれぞれ10億ドルずつ。エピック・ゲームズは、なぜメタバース関連企業として注目を集め、投資を呼び込むことができるのか、その理由を探ってみたい。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
フォートナイト開発企業エピック・ゲームズの評価額は約4兆円に拡大した
(Photo/Getty Images)

フォートナイト開発企業にソニーとレゴが大型投資

 メタバース関連企業として注目される米エピック・ゲームズが4月12日、ソニーとKirkbi(レゴの親会社)から計20億ドル(約2,562億円)を調達した。ソニーとKirkbiがそれぞれ10億ドルずつ出資した格好となる。

 これによりエピック・ゲームズの評価額は、2021年4月時点の287億ドル(約3兆6,772億円)から315億ドル(約4兆円)に拡大。エピック・ゲームズはこの資金を活用し、メタバース開発を加速する計画だ。


 エピック・ゲームズは、人気オンラインゲーム「フォートナイト」の開発企業として知られる一方、ゲーム開発プラットフォーム「Unreal Engine(UE)」の開発企業としても知られている。

 このUnreal Engine、フォートナイトをはじめ、さまざまな人気ゲームの開発に用いられているゲームエンジンだが、最近では映画、コマーシャル、テレビ番組、教育、建築などゲーム以外の用途でも導入が広がる多目的プラットフォームに進化を遂げている。

 初代Unreal Engineが登場したのは1998年。その後、2002年にUE2、2007年にUE3と改定を重ね、Unreal Engineの認知度を一気に高めたUE4が2014年にリリースされた。

 UE4はリリース当初、同エンジンによって開発されたプロダクトの売上の5%を使用料として課すモデルで提供されていたが、後に基本使用料を無料とするモデルに移行したことでユーザーが大幅に増加したといわれている。使用料が発生するのは、UE4によって開発されたゲームの売上が一定額を超えたときのみ。

 2020年5月まで、この基準は四半期あたり3,000ドル(約38万円)と低いものだったが、同月導入された新基準ではライフタイム総収入100万ドル(約1億2,812万円)以上と大幅に引き上げられた。

 UEは現在、最新版であるUE5が2022年4月5日に公式にリリースされたばかり。Unreal Engine公式YouTubeチャンネルで同日発表されたUE5のリリース動画は、4月22日時点で再生回数が120万回以上と注目度は非常に高い。

UE5のリリース動画

ソニーのエピック・ゲームズ投資

photo
エピック・ゲームズCEO
ティム・スウィーニー氏
(写真提供:エピック・ゲームズ)
 ソニーのエピック・ゲームズへの投資は今回が初めてではない。今回の投資を含めて、実に3回もの投資を行っている。

 ソニーがエピック・ゲームズに初めて投資を行ったのは、2020年7月。このときエピック・ゲームズは17億8,000億ドル(約2,280億円)を調達したが、そのうち2億5,000万ドルをソニーが出資した。この出資により、ソニーはエピック・ゲームズ株1.4%を取得したと報じられている

 エピック・ゲームズCEOティム・スウィーニー氏の発言としてIGNが報じたところでは、ソニーがエピック・ゲームズ投資に関心を示し始めたのは、エピック・ゲームズがUE5のデモプレイをプレイステーション5上で行い、その動画を公開した2020年5月頃という。

 この動画は、Unreal Engine公式YouTubeチャンネルで公開されたもの。現在までの再生回数は、1700万回近くに上る。

エピック・ゲームズがUE5のデモプレイをプレイステーション5上で行った動画

 2回目の投資は、2021年4月に実施された。このときエピック・ゲームズが調達した総額は10億ドルで、ソニーの出資分は2億ドルだった。

 そして2022年4月、3回目となる今回、ソニーの投資額はこれまでの額を大きく上回る10億ドルに跳ね上がった。

【次ページ】レゴのメタバースに関する取り組み

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます