• 会員限定
  • 2023/01/10 掲載

2023年のメタバースが「2007年のセカンドライフ」のように失敗しない7つの理由

連載:根岸智幸のメタバースウォッチ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
2022年のメタバースはハード、ソフト、サービスの各面で良くも悪くも話題になったが、2023年以降はどうなるのだろうか。メディアを見ると、いまだにセカンドライフの“失敗”やメタ社の失速を根拠にメタバースに対して冷笑的な記事やコメントは少なくない。しかし、筆者はメタバースの要素技術はすでに一部で実用段階に入りつつあり、このまま徐々に社会に浸透していくと予想している。今回は2023年新年の特別編として、メタバースがセカンドライフの“二の舞”にならないと筆者が考える理由を挙げていく。

執筆:根岸 智幸

執筆:根岸 智幸

1963年生まれ。Webコンサルタント、プロデューサー、編集者、ライター、エンジニア。90年代のIT雑誌を皮切りにWebクチコミサイト、SNS、電子書籍出版システム、ニュースメディアのグロースなどで、時代を先取りしてきた。

画像
2022年12月、セカンドライフは日本人コミュニティがしっかり機能していて、クリスマスやアニソンなど多彩なイベントが行われていた

セカンドライフブームの背景

 まず、2007年のセカンドライフのブームはなんだったのかを確認しておこう。

 ユーザーがアバターとなって生活する仮想世界はそれまでもあったが、セカンドライフは以下の点で際立っていた。

  • 3D CGで表現された立体的でリアルな世界。
  • ユーザーが建物、ファッション、交通手段、武器などあらゆるものを創作できる。
  • 仮想通貨リンデンドルによる経済活動があり、現実の通貨と交換可能だった。

 2006年から2007年にかけては、セカンドライフ内の不動産売買で100万ドル相当のリンデンドルを稼いだ人物がマスコミに取り上げられ、有名企業が相次いでセカンドライフに進出。日本でも電通が複数の島を確保して「バーチャル東京」をオープン。みずほ銀行やTBSも進出した。

セカンドライフが“失敗”した理由

 しかし、ブームは長続きせず、電通が期待したような経済効果はなかった。月間アクティブユーザー数(MAU)が100万人と喧伝されたが、現在はTwitterですら3.3億人、最大手のFacebookは29.3億人だ。全世界で100万人程度、日本人だけなら数万人程度では地方の小都市以下の賑わいにしかならないので当然だろう。

 セカンドライフのユーザー数が伸びず、世間に浸透しなかった主な理由は以下の3つだろう。

  • 要求ハードウェアのスペックの問題があった
  • iPhoneのようなスマホがなかった(詳細は後述)
  • マスコミや企業の期待が過剰すぎた

 2007年当時、セカンドライフの3D CG世界を楽しめるPCは非常に高価で気軽に買えなかった。また、初代iPhoneの発売は2007年6月だが性能が低く、数も普及していなかった。

 なかなか増えないユーザー相手に企業がサービス提供を続ければ、赤字を垂れ流すことにもなる。ブームが終息したのは当然だろう。

 ただし、15年後の現在もセカンドライフは運営が続き、ユーザーによるイベントも複数開催されている。失敗は「外野」が貼った失礼なラベルなのかもしれない。


2007年と2023年では何が違うのか

 2023年以降のメタバースは、2007年以降のセカンドライフのようにブームが失速することはなく、より加速すると筆者は考えている。2007年と2023年ではいくつも重要な違いがあるからだ。

1. iPhoneの登場とスマホの普及
 2007年以降の最も重要な変化は、iPhoneの登場とスマホの急速な発展・普及だ。

 2007年の世界PC出荷台数は2.7億台、スマホは1.2億台。2021年の世界PC出荷台数は3.4億台、スマホは13.5億台。この膨大な市場からの収益がさらに技術改善に資本投下された結果、CPUもしくはSoCのプロセスルールは45nmから3nmまで微細化し、スマホの性能は毎年2倍、3倍と急激に向上し続けた。

 iPhoneのようなスマホの普及はCPUやSoCといった半導体だけでなく、関連する通信、センサー、バッテリ、AIなど多彩な分野で急激な発展をもたらした。その結果、ドローンや自動運転、ロボットなど新しい分野も急速に発展した。この変化はiPhone以前の初期のスマホ、ブラックベリーなどでは不可能だったことだ。

 『フラット化する世界』で有名なトーマス・フリードマンは2018年の著書『遅刻してくれて、ありがとう』の中で、技術の進化がさらに技術の進化を促進するこの急激な変化は今後ますます加速するとしている。

画像
2007年1月7日、スティーブ・ジョブズによって発表された初代iPhone。「携帯電話とiPodとインターネット端末の3つをひとつに」というコンセプトでまだアプリのインストールはできなかった。発売はこの年の6月だが、日本では発売されなかった
(出典:冬至の公式ストリーミングサービスよりスクリーンショット)

2. GPUの進化
 メタバースの必須技術である3D CGを描画する半導体であるGPUの性能の性能も劇的に進化した。スマホの普及による半導体製造の微細化によって膨大なゲートを集積し、描画性能が向上していった。

 2007年にPC用GPUのハイエンドだった『NVIDIA GeForce 8800 Ultra』の浮動小数点演算性能は387.1ギガFLOPS。搭載グラボは829ドル程度だった。

 2022年に発売された最新の『NVIDIA GeForce RTX 4090』は83テラFLOPS。搭載グラボは1,599ドルから1,900ドル程度。価格は倍以上だが米国の物価は2007年から2022年のインフレ率が2.8倍。それに対して性能は214倍なのでコストパフォーマンスは600倍とも言える。

 CPU内蔵GPUですら、2007年のハイエンドGPUの倍近い性能を持つ。たとえば2020年に発売されたインテル第12世代CPU『Core i5-12600K』に内蔵されている『UHD Graphics 770』は724.4ギガFLOPSの性能だ。

画像
2007年と2022年のNVIDIAのハイエンドGPUの性能比較グラフを作ろうとしたが、浮動小数点演算で214倍も性能に差があって極端なグラフになってしまった
(出典:筆者調べ)

【次ページ】気がついたときにはメタバースを使っている

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます