• 会員限定
  • 2023/02/14 掲載

「半導体の対中輸出規制」が適用されたら…日本企業は急いで経営戦略を変えるべき理由

記事をお気に入りリストに登録することができます。
中国に対する先端半導体の輸出規制に関する日米交渉が大筋合意に至った。米国は日本に対して自国と同レベルの規制を求めており、半導体製造装置の分野が大きな影響を受ける。米国と中国の対立は今後も先鋭化する可能性が高く、日本企業は米中対立を大前提とした新しい生産体制の構築を迫られそうだ。

執筆:経済評論家 加谷珪一

執筆:経済評論家 加谷珪一

加谷珪一(かや・けいいち) 経済評論家 1969年宮城県仙台市生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。 野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関など対するコンサルティング業務に従事。現在は、経済、金融、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動を行っている。著書に『貧乏国ニッポン』(幻冬舎新書)、『億万長者への道は経済学に書いてある』(クロスメディア・パブリッシング)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)、『ポスト新産業革命』(CCCメディアハウス)、『新富裕層の研究-日本経済を変える新たな仕組み』(祥伝社新書)、『教養として身につけておきたい 戦争と経済の本質』(総合法令出版)などがある。

photo
中国に対する先端半導体の輸出規制に関する日米交渉が大筋合意に至った。米国は日本に対して自国と同レベルの規制を求めており、半導体製造装置の分野が大きな影響を受けることになるが、今後、日本企業はどのような対応をすべきか?
(Photo/Getty Images)

正式に発表されない理由

 米国政府は2022年10月、中国に対して最先端半導体の技術輸出を規制する枠組みの導入に踏み切った。これまで米国は、中国の通信機器メーカー華為技術(ファーウェイ)など、特定企業に対する半導体の輸出を許可制にするといった各種規制を加えてきた。米国製半導体が軍事転用されたり、中国が最先端半導体の製造技術を獲得することを防ぐのが主な狙いである。

 米国は今回の決定で一連の枠組みをさらに強化し、中国企業全般に対して輸出制限をかけると同時に、製造装置など周辺分野も規制の対象に加えた。規制には人材に関する分野も含まれており、すでに中国からは米国人技術者が多数、帰国しているとの情報もある。

 米国政府は半導体製造装置に一定のシェアを持つ日本やオランダに対して規制に同調するよう強く求めており、日本側の対応が注目されていた。岸田首相とバイデン大統領は1月14日、首脳会談を行い、中国に対する包囲網を強化することで一致したものの、岸田氏は具体的な輸出規制について明確な回答を避けていた。

 日本は半導体のシェアをほとんど失った状態にあり、半導体製造装置や素材などの周辺分野だけで何とか存在感を保っている。ここで米国と同じ規制を導入してしまうと、主要顧客である中国への輸出が激減するリスクがあり、業界からは影響を懸念する声が出ていた。

 対中包囲網の強化という安全保障上の政策は、日米同盟という日本外交の基軸を考えた場合、米国に同調しないという選択肢はありえない。具体的にどこまでの製品が規制対象に入るのかという部分を巡って水面下の交渉が続けられてきたが、大筋で合意に至った可能性が高い。今、筆者が「可能性が高い」と書いたのは、この件について、日米両政府からは正式な発表が出されていないからである。

 中国との対立がエスカレートする可能性があることや、株式市場などへの悪影響を考慮して正式発表は見送ったものと考えられるが、市場にとっては業績悪化リスクを可視化できないという問題を抱えることになった。

画像
半導体シェアを失いつつある中、米国が求めるレベルの規制を導入してしまうと中国への輸出が激減するリスクがあるが……
(Photo/Getty Images)

半導体分野にとどまらない可能性も

 半導体製造装置の市場では、米アプライドマテリアルズがシェア1位(約19%)、オランダASMLがシェア2位(約18%)、東京エレクトロンがシェア3位(約15%)となっている。

 日本の半導体製造装置の海外売上高(2021年度)は約3兆円となっており、全体の3分の1が中国向けとされる。今回の輸出規制は、高精度なフォトリソグラフィなど最先端半導体の製造に関わる製品が中心になると予想されており、中国向け輸出全体が制限されるわけではない。だが東京エレクトロンにとって、中国メーカーは最大顧客のひとつであり、一連の規制による影響は無視できないだろう。

 今回の規制発動を受けて、中国は幅広い製品分野において内製化を急ピッチで進めていくと予想される。これまで日本から輸入することが大前提となっていた製品についても、国策として育成された中国メーカーが担うことになれば、日本メーカーは販売先の多くを失うだろう。

 半導体は米国が対中包囲網の中でも最も重視している分野であり、政治的な関心が高い。そうであるがゆえに、規制に関する交渉が顕在化した格好だが、今後は他の分野においても同様の問題が発生する可能性が高い。

 米中は基本的に対立路線を深めており、米国は西側各国にあらゆる分野で同調を求めてくると予想される。一方、日本は輸出・輸入とも中国が最大の貿易相手国となっており、米国の対中包囲網に同調すれば、ほぼ100%日本企業の業績に影響する。

【次ページ】ソニーはどのような対処を進めているか?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます