• 会員限定
  • 2023/02/11 掲載

ChatGPTに対抗も誤り多数で大暴落、グーグルのチャットAI「Bard」は何が違うのか?

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
今話題となっているChatGPTがリリースされたのは、2022年11月のこと。このとき、グーグル社内では、ChatGPTが同社のビジネスにとって脅威になるのではないかとの懸念の声が社員から多数あがっていた。しかし、ピチャイCEOを含む経営陣は、AIの性急なリリースは、風評被害につながるとして慎重な姿勢を見せていた。しかし、社内だけでなく投資家からのプレッシャーが強まる中、グーグル経営陣がついにAIプロダクト「Bard」のリリースを決定したものの、その出だしにつまずき、科学者らが誤りを多数指摘するなど炎上模様。同社親会社のアルファベット株価は大幅な下落に見舞われている。ChatGPTとBardは何が違うのか。グーグルはどのようなAIで対抗しようとしているのか、最新の動きをまとめてみたい。

執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
グーグル経営陣がついに動き出した
(Photo/Getty Images)

風評被害を懸念していたグーグル経営陣

 これまでAIプロダクトのリリースに慎重な姿勢を見せていたグーグルのサンダー・ピチャイCEOだが、ChatGPTの脅威が社内で指摘されるなどしたため、その姿勢を変えざる得ない状況となっている。

 CNBCが2022年12月13日に報じたところでは、同年11月にリリースされたChatGPTに関して、グーグル社内では社員から同社ビジネスの脅威になるのではとの懸念が噴出したが、ピチャイCEOを含めた経営陣からは、AIが示す情報の精度などを踏まえると、性急なアプローチは深刻な風評被害につながるリスクがあり、慎重にアプローチすべきとの発言があったという。

 グーグルでも、ChatGPTと同等の能力を有する大規模言語AIモデルを開発しているが、ChatGPTに対抗して、それらのAIを性急にリリースすると、思わぬ風評被害を受けるという懸念が経営陣に共有されていた。

社内と投資家のプレッシャーの強まりと経営陣の姿勢変化

 しかし、2023年に入り、グーグル経営陣の姿勢に大きな変化があり、立て続けにグーグルからAIプロダクトがリリースされる可能性があるとの情報が報じられている。

 2023年1月31日、CNBCは情報筋の話として、グーグルが社内でChatGPTの競合となるチャットAIプロダクト「Apprentice Bard(以下、Bard)」を試験しているほか、チャットAIを統合した検索エンジンの新デザインの準備をしていると報じた。

 また翌月2月2日には、ピチャイCEOが投資家らに対し、大規模言語AIモデル「LaMDA(Language Model for Dialogue Applications:対話アプリケーション用言語モデル)」を搭載した検索エンジンを「近々(very soon)」リリースする計画であると発言、また激化するAI開発競争に備え、グーグル傘下のAI開発企業ディープマインドの組織改革を実行していると発言したことが報じられた。

 直近2月6日には、グーグルが全社員に対し同社のチャットAI「Bard」をテストするよう要請したほか、LaMDA技術を利用できるAPIを用意し、一部のデベロッパーと企業を招待する計画であると報じられた

 昨年12月時点では、AIのリリースに関して慎重な姿勢を見せていたグーグル経営陣だが、社内だけでなく投資家らかもChatGPTへの対抗策を示すべきとのプレッシャーが高まり、矢継ぎ早にAIサービス/プロダクトのリリースを急いでいる状況だ。

【次ページ】ChatGPTに対抗するグーグルの秘策

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

Slack AI Day

Slack AI の日本語ローンチを祝し、革新の軌跡を振り返り、未来への一歩を踏み出す特別なイベントを開催します。 「コミュニケーションの先の未来を再定義する」というテーマのもと、Slack はメッセージングツールから AI を活用した強力なプラットフォームへと進化しました。 私たちの働き方を根本から変えるこのプラットフォームでは、CRM やアプリケーションの複数同時活用が可能で、 あらゆるデジタル業務が Slack を通じて円滑に進行します。 また、AI の強化により、過去の会話や見落としていた情報を活用して、ワンクリックで最適なコミュニケーションを実現することができます。 この記念すべきイベントでは、「新しい働き方」と業務における生成 AI の活用に焦点を当てます。 Slack AI を通じて、私たちは日常の業務プロセスを根本から変革し、生産性の飛躍的な向上を目指します。 AI とオートメーションの融合が、時間を要する従来のプロセスを一新。 Salesforce の Customer 360 と連携した Slack で働き方が劇的に変わります。 Slack を愛用し続けてくださる皆さま、そしてこれから Slack をご利用してくださる皆さまと共に、AI による業務効率化の新時代を創ります。 進化を遂げた Slackと一緒に、未来の働き方を再定義し、その可能性を探求しませんか? 【このような方におすすめです】 ・業務における生成 AI の活用を模索している方 ・より効率的な働き方・チームコミュニケーションを模索している方 ・Slack でできることを知りたい方、Slack の利用を検討している方 ・Slack を使っているけど、"コミュニケーション" 以外の新しい利用価値を知りたい方 ・部門・プロジェクトごとの部分的な Slack 利用から組織全体へ広げていきたい方 ・Slack 無償版から有償版へ切り替えたい方

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます