• 2011/02/08 掲載

【宇野常寛氏インタビュー】ネット登場以降の変化に批評はどう応じるのか――2010年カルチャーを通じて考える(2/2)

『PRELUDE 2011』発行人 宇野常寛氏インタビュー

記事をお気に入りリストに登録することができます。

AKB48も「SDガンダム三国伝」も論じていく

――『PRELUDE 2011』は、『サイゾー』で連載されていたものだけではなく、大幅にボリュームアップされています。その中で宇野さんが2010年の注目すべきものとして、AKB48や映画『告白』、展示&ライブペイント企画「カオス*ラウンジ」などについて触れた企画もありますが、それらを取り上げた理由を教えて下さい。

 宇野氏■この時代でなければ出てこなかったもの、かつ優れた表現ということですね。例えばAKB48を、ビフォーの人たちは単にマーケットの問題としてしか考えない。そこに文化批評の貧しさがあります。AKB48って本当は想像力の問題として捉えたほうがいいと思うんです。日本でキャラクター文化の最先端になっているのは間違いなくAKB48ですよ。市場にうずまく無意識と欲望が実現している多様性について、もっと敏感であるべきだと思う。

――変わったところでは、「SDガンダム三国伝」を取り上げられていますね。AKB48と「SDガンダム三国伝」について宇野さんは集英社の『レンザブロー』での連載でも詳しく論じていらっしゃいますし、注目をなさっているようですが。

 宇野氏■1つのキャラクターの図像であれだけ複雑な文脈が同居しているものって、世界中探しても現代日本にしかないと思うんです。そもそも、ロボットってもともと人工知能の夢を追求するために作られたのに、ガンダムはそれをわざわざ兵器に戻している。そういうもともと変だったものにさらに三国志のデータベースを組み合わせて、そしてそれがガンダム自体の本歌取りにもなっている。

 これ、別にバンダイはコンセプチュアルアート的にすごいものを作ろうとしたわけじゃないと思うんですね。おそらくは男子小学生が好きなものを組み合わせて作り上げたものだと見ています。でも、その男子小学生の欲望=市場の無意識が高度な作品を生み出しているわけです。下手な作家の自意識を市場の自意識が圧倒しちゃっているんですよ。その象徴を僕はこの「SDガンダム三国伝」に感じます。

 今のガンダムって富野由悠季という強力な作家を擁しながらも、アニメ本編より宇宙世紀やモビルスーツといった匿名的データベースの方が強くなっています。その行きついた先が「SDガンダム三国伝」。これは性的なもの=モビルスーツとデータベースの組み合わせなんです。じゃあなぜ性的なものはデータベースに駆動されるのかというところが、今後のキャラクター文化批評のポイントになっていくんじゃないでしょうか。

――2010年の文化時評を網羅する形で作られた『PRELUDE 2011』をリリースされたわけですが、2011年はどのように活動を展開されていく予定ですか?

 宇野氏■やはり批評家・東浩紀さんの『思想地図β』の成功にすごく勇気づけられました。例えば小沢一郎の政治とカネの問題とかをまったくクリティカルに思えないけど、『思想地図β』の内容には敏感に反応するような層が、とくにネットを中心に広がっています。それは世代で区切られているというよりは頭の柔らかい人と固い人の差でしょうね。こういった既存の言論に物足りない、潜在的な批評の読者がまだいることを『思想地図β』は証明してくれました。同じようなことは文化にも言えるんじゃないかと思っています。まだまだ広く深くやれる、そこを追及していきたいです。

 『サイゾー』の連載に関しては編集部に駄目だと言われるまではこのまま行きたいですね。もちろん選者はもっと増やしたいし、ジャンルとしては音楽を強化していきたいと思っています。夏に出るプラネッツ8号の方もリニューアルを考えていて、文化について考えている人は避けて通れない、この1冊で1年の文化状況を見渡せるようなものを作りたいです。

――最後に、宇野さん個人としての今後のご予定を教えて下さい。

 宇野氏■2011年春には著書『リトル・ピープルの時代(仮)』が出る予定です。村上春樹の話から入るんですが、そこからいろいろな固有名詞をジャンプしていきながら論を展開する内容となっています。批評ってもっと読まれる努力をするべきだと思うんですね。批評というカテゴライズ不可なものだからこそできるものを書こうとしました。その一方で、批評だからこそできることを追求した、ちょっと変わった本になっていると思います。あとは、『新潮』で連載していた『母性のディストピア(仮)』も年内には発売する予定です。それと〈PLANETS〉8号が今年2011年の8月に出る予定で、これもかなりインパクトのあるものになるはずなので、ご期待ください!

取材・構成:大熊信

●宇野常寛(うの・つねひろ)
1978年生まれ。批評家。批評誌〈PLANETS〉編集長。文学、サブカルチャー、コミュニケーション論など幅広く評論活動を行う。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、共著に更科修一郎との対談集『批評のジェノサイズ』(サイゾー)などがある。

ご投稿いただいた内容は、個人情報を含まない形で今後の編集の参考や弊社メディアでご紹介させていただくことがございます。 あらかじめご了承ください。(正しくご投稿いただいた場合、このアンケートフォームは今後表示されません)

1. この記事は貴方の業務に役立ちましたか?

2. この記事のご感想やご意見など、ご自由にお書きください

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

オンライン

サイトデザインを大事にしつつ、強化できる?自社ECサイトのSEO戦略

今回のセミナーは、『自社ECのSEO』がテーマです。 「大手モールサイトに出品しているが、収益性から自社サイト経由の比率を増やしたい」 「アプリ登録や自社ECへの会員登録を自社サイト経由で増やし、マーケティングを強化したい」 など様々な理由から、『自社ECの集客力を向上させたい』とお悩みの方は多いかと思います。 ただし、自社ECのSEOは適切な戦略を見定めることが非常に重要となります。 「検索回数が多い、ユーザーがよく検索するワードで上位獲得したい」と思っても、 超大手モールサイトが立ちはだかり、簡単には上位獲得できないケースが多いです。 また、「ブランドイメージを壊さない範囲でしか実装ができない」といった制約により、 対策方法が定まらず、前に進めないケースも多いです。 その結果、社名やブランド名でしか検索で流入しないサイトも多く存在します。 自社ECでは、このように ・実際にどのキーワードを対策の中心にするのか ・ブランドイメージを保ちつつ、できる施策はどういったものなのか をきちんと整理したうえで、目標を立て実行に移していくことが通常のSEOよりも重要です。 今回は、サイトをいくつかの切り口でパターンに分けた上で、 それぞれのパターンにて陥りがちな問題や、 それらを解消する有効なSEOの方針を解説します。 また、実際に上記の戦略や制約に沿って実装した施策もいくつかご紹介します。 ご参加いただいた方には、ユーザー目線のサイト作りをサポートする 「ユーザーインテント分析シート」をご用意していますので、ぜひご参加ください。

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます