開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/12/05

NEC、100個以上の商品を画像から識別するセンシング技術を開発 在庫管理を高度化

NECは5日、バーコードやICタグを利用せずに100個以上の大量の商品を同時に識別し、種類、位置、個数などを高速・高精度に把握できるセンシング技術を開発したと発表した。同社調べによると世界初となる技術で、コンビニやスーパーなどの流通業界で活用することで、在庫管理の徹底や精緻な需要予測などDCMのさらなる高度化を実現し、地域・店舗に応じたきめ細やかな店舗運営を支援することができるという。

photo
端末をかざして商品情報を表示させるイメージ(※写真は3月6日に発表した旧技術を活用したもの)

 現在、店舗運営における商品販売施策の効果を検証するには、主に販売実績だけを用いているため、施策の徹底状況が曖昧である、効果の信頼性が低いという課題があった。また、小売市場は新興国を中心に拡大しており、小売業者がグローバル展開するためには、DCMのさらなる高度化が求められていた(用語解説:DCMとは)。

 今回NECが開発した技術は、(1)100個以上の大量の商品を一度に識別する画像認識技術と、(2)見えにくい場所の商品の有無を検知するセンシング技術を組み合わせたもの。

 これらにより、商品棚に陳列されているすべての商品の種類、位置、個数など商品管理に必要な情報を瞬時に把握することが可能という。

 また、商品有無の変化を検知することで、購買者が商品を手に取ったり戻したりする動作を把握し、商品の関心度を推定することができる。

 本技術により流通業者は、販売実績だけでは困難な購買者ニーズの抽出と在庫管理の徹底、商品販売施策の検証が可能になる。また、地域・店舗に応じたきめ細やかな店舗運営を実現し、従業員スキルや文化が多様な海外への展開を支援する。

 本技術の特徴は大きく2つ。

1.100個以上の大量の商品を一度に識別できる画像認識技術

 画像から抽出した多数の特徴点データの位置に基づいて、特徴点を高速・高精度に分類し、どの特徴点の集合がどの商品であるかを識別する技術を開発。これにより、商品を識別するバーコードやICタグを利用せずに、画像内に映ったすべての商品を同時に識別することを実現した。

 新技術を、ペットボトル、缶の飲料に適用し評価した結果、同時識別可能な商品数を従来技術比で30倍以上改善し、世界で初めて、100個以上の商品を同時に識別できることを確認した。

2..見えにくい場所の商品の個数を正確に検知するセンシング技術

 弱い電波を出す特殊なシートを開発し、商品を置く棚に設置。シート上に置かれた商品が電波を遮ることを利用して、棚の奥など、見えにくい場所にある商品の個数を正確に検知。これにより、数百個の商品の有無や、購買者が手に取った/戻したという情報を約1秒毎に検出するセンシングシステムを、世界で初めて実現した。

関連記事一覧

物流管理・在庫管理・SCM ジャンルのトピックス

物流管理・在庫管理・SCM ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!