• 会員限定
  • 2013/09/12 掲載

コマツが「ICT建機」の第一弾を発売、建機販売からICT施行のソリューションビジネスへ

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
コマツは11日、世界初の全自動ブレード制御機能を搭載した中型ICT(情報通信技術)ブルドーザー「D61PXi-23」を、9月より国内市場へ投入すると発表した。
photo
コマツの中型ICTブルドーザー「D61PXi-23」
 本製品は、施工の自動化や作業精度と作業効率の向上を実現するコマツ製「ICT建機」の第一弾商品となる。国内市場導入は初で、地域別で日本は既に販売を開始している北米、欧州に続き、3番目となる。

 現在、日本では国土交通省が主導する「情報化施工推進戦略」で情報化施工の普及拡大が推進されており、将来的には広く一般に活用される技術になることが見込まれる状況にある。

 今回の新製品「D61PXi-23」は、都市土木向け中型ブルドーザーとして、従来の情報化施工でも可能だった整地の仕上げ作業時だけでなく、掘削作業時を含むすべてのブレードコントロールを自動化した世界初の全自動ブレード制御機能を搭載した。

 まずは情報化施工特有のGNSS測量技術(GPS、GLONASSなど)やICT機器管理のノウハウを習得しているコマツのグループレンタル各社およびコマツレンタルから展開し、今後3年間で国内4工場の生産性を3~4割高める考え。

 一般の企業にはまずレンタル車として提供してコマツグループの情報化施工のノウハウを活用してもらうことで、コマツは情報化施工が広く普及する近い将来に向け、企業の現場へのスムーズな導入をサポートしていくという。

 コマツはICTブルドーザーを皮切りとしたICT建機の導入により、従来の建設機械販売ビジネスからICT施工のトータルソリューションを提供するビジネスモデルへの進化を加速し、今後も新しい価値を創造するイノベーションを起こしていくという。

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます