開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/09/26

日本電産サンキョー、三菱マテリアルシーエムアイを買収 車載分野を強化

日本電産の100%子会社である日本電産サンキョーは26日、三菱マテリアルから三菱マテリアルシーエムアイの全株式を取得することで合意したと発表した。買収金額は非公開。日本電産サンキョーと三菱マテリアルシーエムアイは製品面での競合がほとんどないため、製品ラインナップの拡充を見込むことができるという。

 HDD用など精密小型モーターで世界首位の日本電産子会社の日本電産サンキョーは2012年10月、韓国の家電用ユニットメーカーのSCD Co.,Ltd.に出資、子会社化して家電・住設分野を強化していた。

 今回の三菱マテリアルシーエムアイの買収により、車載分野の強化を図り、自社製品ポートフォリオの転換を加速する。

 日本電産サンキョーのモータ事業は従来、主に光ディスク用、デジタルカメラ用、ゲーム機用など、小型小径モータに特化してステッピングモータ事業を主軸にしてきた。しかし、小型小径のステッピングモータの主要用途であるパソコン、デジタルカメラ、ゲーム機などの製品市場が成熟化しており、ポートフォリオ転換を迫れていた。

 そこで、ステッピングモータを使用する新たな市場へ参入するとともに、特に燃料噴射バルブ用モータやヘッドアップディスプレイ用モータなど燃費向上のための電子制御化や高機能化に伴い、今後拡大成長が見込まれる車載市場への参入を検討していた。

 三菱マテリアルシーエムアイの事業は、主にモータ事業と電気接点事業で構成されており、三菱マテリアルシーエムアイ売上に占める各事業の近年のおおよその売上比率はそれぞれ50%ずつ。

 三菱マテリアルシーエムアイのモータ事業は、日本電産サンキョーがこれまでに参入していない車載用などの中径ステッピングモータを主力に、ステッピングモータ市場に参入していた。同社は車載用ステッピングモータ市場において一定の地位を得ており、買収することでこれを基盤に新市場向けを拡充させる考え。

 日本電産サンキョーは、月産3500万台以上という高い生産能力を有しており、日本電産サンキョーの省力化生産設備力、部品内製力を三菱マテリアルシーエムアイの中径ステッピングモータに活用することで、さらなる競争力の強化を図るという。

 三菱マテリアルシーエムアイの資本金は4億9,000万円。従業員数は連結で1554人。2013年3月期の売上高は133億8,600万円。日本電産サンキョーは、三菱マテリアルシーエムアイの発行済株式数49万株すべてを取得する。買収完了は12月末を予定しているという。

製造業IT ジャンルのセミナー

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!