開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2014/01/14

IBMの買収を受けたSoftLayerのCOOに聞く、日本市場での今後やAmazonとの戦い方

IBMによるSoftLayerの買収は、この1年でのクラウドにまつわるさまざまな動向の中でも大きなニュースの1つです。日本ではSoftLayerの知名度はそれほど高くありませんが、米国ではAmazon、Rackspaceに次いで知名度の高いクラウドベンダーです。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 SoftLayerの特徴は物理サーバをクラウド内で利用できること、そしてスタートアップや中堅中小規模の顧客に利用者が多いことなどです。IBMの視点からするとこれらの特徴はミッションクリティカルな分野に適しており、しかも自社の顧客層とも重複しないという、買収するのに絶好の要素が揃っていたわけです。

 6月にIBMによる買収が発表されてから初めて来日したSoftLayer COOのGeorge Karidis氏が昨年12月に来日しました。日本IBMのオフィスで行った記者向けラウンドテーブルから、IBMからの買収を受け入れた理由、日本市場での展開、そしてAmazonクラウドとの競争についての発言をまとめました。

photo
SoftLayer COO、George Karidis氏

なぜIBMからの買収を受け入れたのか?

 ─── 買収時の発表では、IBMはSoftLayerとクラウド部門を統合してクラウドサービス部門を新たに発足するとのことでした、いま組織はどうなっているのですか?

 まだ組織は大きく変わってはいません。いまはSmarterCloudのお客様をSoftLayerへ移行しているところです。いま私は香港、東京などアジアに2週間かけて訪問し、いかに両者を統合するのかといった仕事をしています。

 ─── なぜ買収される相手としてIBMを選んだのでしょうか?

 私たちにはシンプルなビジョンがありました。それは「世界を制覇する」というものです。インターネット上にあるあらゆるソフトウェアやサービスをSoftLayerのデータセンターに載せたいと思っていました。それを実現するためには大手とも組む、というのは私たちの基本的な考えです。その意味でIBMは私たちにとって最適な企業でした。

 ─── IBMはOpenStackをクラウド基盤に採用すると発表しています。SoftLayerはOpenStackにどう取り組んでいくのでしょうか?

 OpenStackは私たちもずっと支持してきました。実際にオブジェクトストレージのSwiftを採用しています。SoftLayerのAPIをOpenStackに対応させるというプロジェクトにもとりかかっています。これはSoftLayerのAPIの変換レイヤを設けることで、マネジメントポータルを経由しなくてもクラウドを操作できるようにするものです。

 私たちはそもそもオープンソースが好きですし、SoftLayerもオープンソースソフトウェアを使って構築するなど、さまざまなことに取り組んでいますし、それが正しい方向だと思っています。もちろん、それとは異なる方向性や機能を求めるお客様もいらっしゃいますので、そういう要望にも応えていきたいと思っています。何かに固執するといったことはありません。

日本市場での今後。Amazonとどう戦っていくのか?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!