開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/03/28

グーグルのクラウド値下げからわずか1日、アマゾンのAWSも大幅値下げ

グーグルは25日、同社イベント「Google Cloud Platform Live」において、クラウドに関する大幅な値下げを伴う新価格および新価格体系を発表。翌26日にアマゾン子会社のAWS(Amazon Web Services)も、同社イベント「AWS Summit 2014」において、サービスの大半で4月1日から値下げをする意向を発表した。

photo
グーグル
シニア・バイス・プレジデント
Urs Holzle氏
photo
AWS
シニア・バイス・プレジデント
Andy Jassy氏
 グーグルの発表によれば、Google Compute Engineを、すべてのリージョン、すべてのサイズ、すべてのクラスで最大32%、Google Cloud Storageは最大68%、BigQueryは最大85%それぞれ値下げを実施する。

 一方、AWSはAmazon S3を最大65%、Amazon EC2を最大40%、Amazon RDSを平均28%、Amazon ElastiCacheを平均34%、Amazon EMRを最大61%それぞれ引き下げる。価格は4月1日以降、自動的に反映される。同社の値下げは、2006年のAWS開始以来、42回目にのぼるという。また同社は仮想デスクトップサービスの「Amazon WorkSpaces」の一般公開を開始した。

 それぞれのイベントの基調講演の模様は以下の通り公開されている(英語)。




関連記事

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのトピックス

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!