• 2014/06/11 掲載

ソフトバンクのロボット戦略を担うか?ロボット制御ソフト「V-Sido OS」発表会を中継

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
ソフトバンクグループのアスラテックは11日、さまざまな形態のロボットを動かすことが可能なロボット制御ソフトウエア「V-Sido OS(ブシドー・オーエス)」の提供、およびロボット開発支援を開始。ロボット・ソフトウェア事業に本格的に参入することを発表した。

二足歩行ロボット実現も夢ではない「V-Sido OS」

photo
コンセプトモデル「ASRA C1」
 「V-Sido OS」は、リアルタイムにロボットの動きを生成でき、スマートフォンなどの入力デバイスから大まかな指示を出すだけでロボットが必要な情報を補完して動くことを可能にするロボット制御ソフトウェア。

 大きさや形状、用途を問わず多様なロボットを制御することができるため、「V-Sido OS」を採用することで、比較的低コストかつ、短期間でのロボット開発が可能になるという。

 今回の発表では、「V-Sido OS」の特長をわかりやすく伝えるためのコンセプトモデルのロボット「ASRA C1(アスラ・シーワン)」も同時に公開。「ASRA C1」は同社製品で制御されたロボットで、今後アスラテックが参加するロボット関連のイベントや発表会などにおいて、展示やプレゼンテーションなどの用途で使用される予定。

関連記事
 「V-Sido OS」は、アスラテック チーフロボットクリエーターの吉崎 航(わたる)氏が開発。吉崎氏は、経済産業省による天才プログラマー/スーパークリエータに認定され、これまでに水道橋重工製 巨大ロボット「クラタス」の製作にも携わってきた。

 アスラテックでは今後、ロボット開発を検討する企業向けに「V-Sido OS」の一部機能を実装したマイコンボード「V-Sido CONNECT(ブシドー・コネクト)」を年内に発売する予定。ロボットの姿勢制御や、リアルタイムでの二足歩行などの機能が提供することで、ロボット開発の効率化を支援する考え。

アスラテック発表会の模様を中継

 ビジネス+ITでは、アスラテック発表会をUstreamで生中継する。発表会の模様は以下。

※中継は終了しました。


Broadcast live streaming video on Ustream

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます