開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/08/25

佐賀県庁、農業アプリケーションをSalesforce1上で検証 セールス・フォースと共同で

セールスフォース・ドットコムは25日、佐賀県庁が行う「イノベーション"さが"プロジェクト」の一環である「次期電子県庁システムに係る調査・研究」において、共同研究を開始したことを発表した。

関連記事
 「イノベーション"さが"プロジェクト」は、公共サービスの質の維持向上及び経費の節減を図ることを目的として、佐賀県が民間や団体等との共同研究を実施し、"新しいサービス"のあり方を創造するプロジェクト。

 佐賀県では現在、水田農業を中心に米麦大豆の省力生産を行っており、食糧自給率が107パーセントを誇る。今回農業に関する新たな取り組みとして、最新のモバイル、ソーシャル、クラウド技術を利用した共同研究のパートナーとして、セールスフォース・ドットコムとサンビットが選ばれた。

 本研究では、セールスフォース・ドットコムのモバイルカスタマープラットフォームSalesforce1上で構築された農業支援アプリケーションの試用と効果検証を行う。同アプリケーションは、サンビットによって開発された。

 開発された農業アプリケーションは、農業者に情報提供と指導を行う普及指導員のナレッジ共有を促進することで、農業者からの相談に対して、普及指導員がどこからでもリアルタイムで回答を提供することを可能にするもの。また、クラウド上に一括管理し蓄積された情報およびナレッジは、農業発展と継承への取り組みに役立てるという。

 研究は2014年7月15日にトライアルが開始され、8月末まで実施された後、2014年10月以降に研究結果を発表する予定。

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのセミナー

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのトピックス

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!