開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/08/27

KDDIがマンション向け電力小売事業に参入 「auエナジーサプライ」を9月より開始

KDDIは27日、マンション向けの電力小売り事業に参入することを発表。新築および既築マンション向けのサービス「auエナジーサプライ」を9月1日から提供開始する。

 「auエナジーサプライ」は、KDDIが地域電力会社等から高圧電力を一括契約で調達し、マンションの共用部に設置する受変電設備で低圧電力に変換することで、従来の電気料金と比べて安価で電力を使用できる一括受電サービス。

photo
「auエナジーサプライ」提供イメージ

関連記事
 メニューは、各家庭で約5パーセントを割引く「専有部割引プラン」と、共用部で最大50パーセントを割引く「共用部割引プラン」の2種類。また、マンション全戸にスマートメーターを設置して電気使用量をリアルタイムに"見える化"することで、利用者の過剰な電気使用を抑え、電力消費の低減をはかれるという。

 同サービスは9月1日より、首都圏エリアの東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県で開始し、順次提供エリアを拡大する。KDDIは今後、一括受電サービスに加え、生活導線におけるWi-Fiの充実、スマートフォンやクラウドと連携した便利なサービスの提供等マンション向けサービスを充実していく考え。

見える化・意思決定 ジャンルのトピックス

見える化・意思決定 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!