開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/04/21

ウルシステムズ、IoT/M2MソリューションDSE版BlueRabbitを提供開始 米DataStaxと連携

ULSグループのウルシステムズは21日、米国DataStax社のゴールドパートナーに国内で初めて認定されたと発表した。これに合わせて、DataStax社製品を組み込んだIoT/M2M向けソリューションの提供を開始するという。

 ウルシステムズはこれまでエンタープライズ向けにApache Cassandraベースのクラウドソリューション「BlueRabbit」を提供してきた。BlueRabbitは業務利用に不可欠なトランザクションやリアルタイム処理、自動運用などの機能をApache Cassandraに付加するもの。

 今回、ウルシステムズはApache CassandraのディストリビューターであるDataStax社のパートナープログラムに参加し、コンサルティング&サービス分野のゴールドパートナーとして認定された。これを受けて、ウルシステムズはDataStax社の企業向け商用ソフトウェア「DataStax Enterprise(以下、DSE)」に対応するDSE版BlueRabbitを開発した。

 DSE版BlueRabbitでは、Apache Cassandra版の機能に加えてデータベースのインメモリー化、Apache HadoopやApache Sparkを使ったデータ分析、データの全文検索などの機能を利用できる。データベース部分はDataStax社の公式サポートを受けられるという。

関連記事

IoT・M2M ジャンルのトピックス

IoT・M2M ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!