ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2016/02/04 掲載

Fintech革命、雇用を脅かすAI――2016年テクノロジーをフロスト&サリバンが解説

記事をお気に入りリストに登録することができます。
2016年1月20日、フロスト&サリバンが「2016年:16のトレンド予測」を発表した。同社によれば、2016年にはFintech(フィンテック)によるデジタル通貨やブロックチェーンの台頭、AIやロボットによる仕事の二極化が起こるという。グローバルICT戦略 コンサルティング担当副社長 兼 カナダ支社代表 ブライアン・コットン氏の2016年の重要トレンド解説をレポートする。
(取材・執筆:編集部 佐藤 友理)

photo
フロスト&サリバン
グローバルICT戦略コンサルティング担当副社長 兼 カナダ支社代表
ブライアン・コットン氏

2016年は4つの重要テクノロジーに注目せよ

 コットン氏はまず、2016年の16のトレンドを紹介した。同氏は16のトレンドを「テクノロジー」「ビジネス」「社会」「海外市場」の4カテゴリーに分類し、特にテクノロジーが重要であると語った。

 コットン氏は、テクノロジートレンドとして以下の4つを挙げた。
(1) デジタル通貨の台頭などのフィンテック革命
(2) 金融システムの再構築とブロックチェーンの台頭
(3) 拡張現実(以下、AR)を活用したeラーニングの普及拡大
(4) 人工知能(以下、AI)や自律ロボットが中所得者層の雇用を奪うことで
   起きる仕事の二極化

画像
2016年の鍵を握る「テクノロジートレンド」
(出典:フロスト&サリバン)


「これらテクノロジートレンドに関連し、2020年に向け、特にバリューチェーンに影響するのが、自律ロボット、AI、ブロックチェーン、バーチャルリアリティー(以下、VR)、3Dプリントです」(コットン氏)

【次ページ】注目!2016年自律ロボットとAIの動向

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます