開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2016/08/10

大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業

大日本印刷(以下、DNP)は10日、オランダのGemalto N.V.(以下、ジェムアルト)と、IoT(Internet of Things)のセキュリティ分野で協業すると発表した。

画像
DNPとジェムアルトがIoTセキュリティで協業
 今回の発表は、DNPとジェムアルトの両社がIoTのセキュリティ分野で協業し、ICカード技術をIoT向けに活用したセキュアなIoTプラットフォームを開発するというもの。

 このプラットフォームでは、IoT用のデバイスとサーバー間の通信において、インターネットで標準的に利用されているプロトコルであるTLS(Transport Layer Security)を採用。TLSの相互認証に用いる暗号鍵やデジタル証明書を、耐タンパ性の高いSAM(Secure Application Module)に格納することで、デバイスとサーバー間の相互認証をセキュアに行えるという。他にも、暗号鍵やデジタル証明書、アプリケーション等の配信サービスも予定している。

関連記事
 ICカードのソフトウエア開発や製造・発行および認証サービスなどを手がけるDNPは、国内のキャッシュカードやクレジットカード、携帯電話のSIM(Subscriber Identity Module)カードなどで高いシェアを有し、セキュリティなIoT環境を実現するゲートウエー端末や関連するアプリケーションなどの開発も行っている。ジェムアルトはICカードトップシェアのベンダーで、金融、政府系、モバイル、交通、M2M(機器間通信)などの分野でセキュリティソリューションを展開している。

 DNPは、今回のジェムアルトとの協業を通じて両社で開発した製品やサービスを提供し、2020年度に約35億円の売上を見込んでいる。

お勧め記事

IoT・M2M ジャンルのセミナー

IoT・M2M ジャンルのトピックス

IoT・M2M ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!