開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2016/11/24

売上2500億超のアズビル、経費削減“1億円”を見込む「AWSでのSAP導入法」を明かす

アズビルは現在、グループ会社を含めて1万人弱の社員を抱える企業である。ビルの空調設備や、工場プラットフォーム関連の事業でよく知られており、2016年3月期の連結売上高は2569億円に上る。同社は長らくオンプレミスでSAPを利用してきたが、いくつかの課題からクラウドへの移行を決意。最終的に選択したのがAWSだった。導入までの背景や、4年間で約1億円とも試算された経費削減効果など、同社の業務システム部 運用管理Gr グループマネージャ松原 健氏が明かした。


photo
アズビル 業務システム部 運用管理Gr グループマネージャ
松原 健氏

SAPの利用ユーザーは約1万名、42,000SAPS

 アズビルは1906年(明治39年)に創業した「山武商会」を母体に持ち、「山武ハネウエル」として長年、親しまれてきた。現在、グループ会社を含めて1万人弱の社員を抱える企業である。国内に9社(約200拠点)、海外に27社のグループ会社を持ち、BtoBの会社として知られている。ビルの空調設備や、工場プラットフォーム関連が主な事業だ。

 2016年6月に開催された「AWS Summit Tokyo 2016」に登壇した松原氏は、AWS上でSAPの本番環境、稼働を決定するまでの背景と、稼働後、約1年経過しての結果報告を行った。松原氏は業務システム部に所属しているが、同部はアズビルグループ全体のIT整備だけでなく、ITを用いた業務全体の最適化、およびセキュリティ確保を担っている。その中でも基幹システムの運用・管理、および業務システム部の人事管理・予算管理を行う「運用管理グループ」に所属しており、グループマネージャという肩書を持つ。

 同社がそもそも基幹システムとしてSAPを導入した目的は、以下の3つであるという。

1. グローバル事業展開目標増強
2. 事業変化への柔軟な対応力強化
3. IFRS対応

 導入までの背景だが、同社の会計は2005年よりSAP R3のFI、COを利用していた。また社内では、

・アドバンスドオートメーション=FACOM+Windowsサーバ
・ビルシステム=AS400=Windowsサーバ
・工場生産=NEC ACOS

 といった3つの基幹システムを利用。部分最適化され安定性は高いものの、柔軟性に乏しい状況だった。加えて、これまでクラウドは利用したことがなかった。

 SAPのシステム構成としては、利用ユーザーが約10,000名(同時1,000名)で42,000SAPSあり、それなりに大きなものとなっている。SAPのモジュールとしては、ERP(SD、MM、PP、PS、FI、CO)などが入っているかたちだ。

サイジング、コスト面、安心感の3つがきっかけでクラウドを検討

 松原氏はクラウドを検討するきっかけとして、次の3つを例に挙げた。

1. サイジング
2. コスト面
3. 安心感

 まずサイジングだが、SAPのサイジングが困難だったことに加え、導入資産の利用期間の縛り、H/Wリソース追加の制約があった。

 次にコスト面だが、BCP(Business Continuity Plan)対応。特に今回はグローバルの基幹システムということもあり、異なる場所でのバックアップサイトが必須だった。たとえば、3.11(東日本大震災)や熊本地震のようなことがあったからと言って、日本以外、たとえばヨーロッパで売り上げがあげられないというわけにはいかない。

 最後の安心感だが、クラウド利用の実際の運用事例が増えてきたことで、本番環境で動かしても大丈夫であるとの判断ができた。

 一般にクラウドは、下記のようなシステムに最適とされている。

1. リソース予測が困難で適宜変更が必要なシステム
2. リソース利用量が季節的要因で大きく変わるシステム
3. 高いセキュリティを必要としない
4. インフラ導入の予算がない

 したがって、クラウド適性の観点からはF1システムのような基幹システムは不可能ではないが、不向きであると判断される。インフラ担当者、とくに製造業の方は非常にまじめな方が多く、どうしても保守的になってしまい、クラウドは否定的であったという。

 しかし、昨今のクラウドは、下記のような状況になってきた。

1. リソース変動はクラウド選定の大きな理由でなくなってきている。
2. バーチャルプライベートに関しては、セキュリティは確保できる。
3. 物理セキュリティはクラウドの方が安全である。
4. クラウドファースト(クラウドにできない明確な理由がなければ、クラウドで稼働させる)という企業も増え始めている。

 実際、SalesForceのような営業状況や、カンパニー(ワークス)のような人事情報もクラウドで稼働させることが増えてきている。クラウドでも、セキュリティは十分であるという世の中になってきた。

 しかしながら、インフラ担当者には不安があるため、クラウドとオンプレミスの比較を行うことになったという。

【次ページ】 経費はクラウド(AWS)とオンプレミスでどう変わるのか?

お勧め記事

ITコスト削減 ジャンルのトピックス

ITコスト削減 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!