• 会員限定
  • 2016/12/09 掲載

ドイツと日本、インダストリー4.0「標準化」の進捗状況は?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
インダストリー4.0を提唱し、国家レベルで推進するドイツ。同国では、日本の経済産業省と文部科学省にあたる部門と企業の代表が集まり、全員で使える共通プラットフォームを検討している。シーメンス・ジャパン 専務執行役員 事業本部長 島田太郎 氏が、インダストリー4.0を主導している技術委員会のWG(ワーキンググループ)の活動状況を紹介した。

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

photo
ドイツのインダストリー4.0の最新成果と標準化の取り組み

本場ドイツのインダストリー4.0の最新成果

 デジタル化の波は製造業に大きな影響を与え始めた。シーメンスでは、これを「デジタルエンタープライズ」と表現している。インダストリー4.0を提唱し、国家レベルで推進するドイツの現状はどうなっているのだろうか。シーメンス・ジャパンの島田太郎 氏が最新状況を紹介した。

 島田氏は「モノづくりの多くのプロセスがデジタル化されることで生産が効率化され、スマートな製品が登場し、サービスと融合したビジネスモデル(モノ・コト)の変革を起こす。それを支える技術がIoTだ」と強調する。

photo
シーメンス・ジャパン
デジタルファクトリー事業本部
プロセス&ドライブ事業本部
専務執行役員
事業本部長
島田太郎 氏

関連記事
 2000年代からは、グローバリゼーションの進展により、多くの人々に多種類のモノを届けたり、一方でリージョナリゼーションによって地域ごとに適した製品や、個々人にマッチした製品をつくるための複雑性が高まってきた。そこでデリバリする力を獲得するためには、スピードと柔軟性に富んだインダストリー4.0の力が求められている。

「ドイツはインダストリー4.0の共通プラットフォームの確立を目指している。企業の勝負の土俵は、最終的にはビジネスモデルであったり、スマート製品を生み出す点にある。しかし、共通基盤がなければすべてが夢物語だ。そのプラットフォームは、企業がつながって共通で使えることで初めて真価を発揮できる。これは個々の企業の競争領域でなく、全企業が協力すべきものだ」(島田氏)

日本とドイツの標準化実現へ、リアルな進捗状況

 そこでドイツでは、日本の経済産業省と文部科学省にあたる部門と、シーメンスのような大企業はもちろん中小企業の代表が集まり、全員で使える共通プラットフォームを検討しているところだ。この組織には、技術委員会、ポリシーメイキング、外部連携を行うグループの3本柱で構成される。このうちインダストリー4.0を主導しているのは、技術委員会のWG(ワーキンググループ)の活動が中心だ。

photo
インダストリー4.0のプラットフォームを支える組織は技術委員会、ポリシーメイキング、外部連携を行うグループで構成。技術委員会のWGが主導している

 WGは、標準化はもちろん、リサーチ&イノベーション、セキュリティ、リーガル・フレームワーク、人と教育などを検討するものが存在する。インダストリー4.0実現に欠かせない彼らの活動状況について、島田氏が進捗を紹介した。

 まず標準化WGでは「RAMI4.0」(Reference Architecture Model Industrie 4.0)を策定しており、それを公開中だ。「RAMI4.0は3次元で表現されたリファレンスアーキテクチャだ。設計から製造までのプロセス、工場フィールドのレイヤー、コミュニケーションなどのITレイヤーという3軸で表現され、現在どんな話をしているのかという点が整理される」(島田氏)。

画像
RAMI4.0は、3次元で表現された、インダストリー4.0のためのリファレンスアーキテクチャだ。3軸で表現され、現在どんな話をしているのかも分かる

 もう1つのWGであるリサーチ&イノベーションでは、インダストリー4.0の進展による新技術や課題の解決をまとめている。ここでは、工場、設計、サプライチェーンなどの異なる領域をコネクトし、新技術を導入することでイノベーションを加速させるリサーチを実施している。

【次ページ】日本とドイツの標準化実現へ、目下の課題は

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます