• 会員限定
  • 2019/04/01 掲載

オルタナティブデータとは何か?絶対に知っておくべき4つのポイント

記事をお気に入りリストに登録することができます。
人工知能(AI)や機械学習(ML)の活用が注目される中、新たなタイプのデータが脚光を浴びている。それが「オルタナティブデータ」だ。政府や企業が公式に発表する統計データや決算データとは異なり、IoT(Internet of Things)機器や衛星画像、SNS(Social Network Service)などから得られる「非伝統的なデータ」を指す。オルタナティブデータの活用で、企業はどのようなメリットが得られるのか。ブルームバーグでエンタープライズデータ部門 グローバル責任者のジェラルド・フランシス氏に話を聞いた。

聞き手:ビジネス+IT編集部 松尾慎司 構成:鈴木恭子

聞き手:ビジネス+IT編集部 松尾慎司 構成:鈴木恭子

 

画像
ブルームバーグ
ジェラルド・フランシス氏


ポイント1:オルタナティブデータの特徴を理解する

関連記事
 フランシス氏はオルタナティブデータの定義を「新しいデータセット」だと説明する。オルタナティブデータの対義語として挙げられるのが、「トラディショナルデータ」だ。具体的には政府が公開した統計や、企業のESG(環境・社会・ガバナンス)情報、POSデータなどを指す。

 ただし、フランシス氏は「こうしたデータも数年前までは、新しいデータだと言われていた。だから、オルタナティブデータとは、『データのサイクル』で誕生する新しいデータセットだと考えてほしい」と説明する。

 近年、オルタナティブデータが活用されるようになった理由は、コンピュータ性能の向上による部分が大きい。さまざまなAIやML(機械学習)の登場により、多様なデータでも迅速に分析できるようになった。

 以前であれば、複数のデータセットを分析するには、一定以上のコンピュータリソースと複雑なアルゴリズムが必要だった。しかし、現在はクラウドの普及で、ハイパフォーマンスなコンピュータリソースや分析ツールを安価に利用できる環境が整っている。

 これによりユーザーは複数のデータを組合せ、目的に応じた分析で、データを価値ある情報(インテリジェンス)に昇華させられるようになった。

 では、なぜ、今、オルタナティブデータが注目されているのか。その理由は、「トラディショナルデータでは見えなかったものが見えてくるためだ」とフランシス氏は説明する。

 現在、オルタナティブデータはヘッジファンドや投資銀行をはじめ、主にファンドマネージャーなどが投資の目的で利用している。投資行動に必要な情報や洞察を素早く得るために、オルタナティブデータから投資判断に必要な“材料”を見付けようとしているのである。

 具体的に考えてみよう。以前は衛星データを使わないと把握できなかった地政学的な知見は、特定のオルタナティブデータを分析することで詳らかになる。

 たとえば、アプリ利用情報(アプリインテリジェンス)プロバイダーである米Apptopia(アプトピア)のデータからは、「どの地域」で、「どのアプリ」が「どのくらい」ダウンロードされているのかを把握できる。こうしたデータを他のデータと掛け合わせて分析すれば、特定地域のトレンドが短期間で判明するというわけだ。

 今後、IoTデバイスが普及し、多様なデータが収集できるようになれば、オルタナティブデータの“幅”も広がる。新しいデータの種類と数が増加すれば、より顧客が必要とするデータセットの提供も可能になる。

 ただし、フランシス氏は「現在のオルタナティブデータもESG情報やPOSデータのように、時間が経てばトラディショナルデータになる。それが『データのサイクル』だ」と指摘する。


ポイント2:オルタナティブデータの価値を見極める

 次に「オルタナティブデータの価値」について考えてみたい。企業は何を基準にオルタナティブデータの価値を見極めるべきなのか。フランシス氏は、「オルタナティブデータの価値は、それが顧客にとって必要かどうかで決まる」と語る。

 実は、ブルームバーグも20種類を超えるオルタナティブデータを提供している。具体的には金属在庫量に関する洞察、株式ブロガーのセンチメント、医薬品の承認、一般消費者の回遊行動や駐車場の混雑状況、建設認可、地政学リスク、アプリ活用状況といったデータセットだ。

 さらに2019年2月には、同社のWebサイト「ブルームバーグ・エンタープライズ・アクセス・ポイント」から、オルタナティブデータ・プラバイダーであるThasos、Apptopia、TipRanks、PredictWallStreet、RSMetrics、Orbital Insight、OWL Analytics、Predata、Evaluate、280First、Symphony Pharmaなどが提供するデータに簡単にアクセスできる仕組みを構築した。

関連記事

 ブルームバーグでは「クライアントが必要になるオルタナティブデータはすべて提供する」というスタンスだ。フランシス氏は、「我々は32年間に渡るデータ収集実績がある。たとえば、企業のリファレンスデータなどは、データフィールドの中で相関関係が把握できるよう、メタデータなどのインテリジェンスを追加して提供している。データ提供の方法も、オルタナティブデータを選択する際の判断材料の1つになるだろう」と説明する。

【次ページ】ポイント3:オルタナティブデータの活用方法を考察する

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます