• 会員限定
  • 2021/03/15 掲載

デジタル市場とは?経産省資料からひも解く、CPS社会への道筋

連載:第4次産業革命のビジネス実務論

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
経済産業省は2021年1月、「デジタル市場に関するディスカッションペーパー ~産業構造の転換による社会的問題の解決と経済成長に向けて~」を取りまとめ発表しました。以前コラムで取り上げた「DXレポート2」では、DX推進に向けた中長期的対応としてデジタル社会基盤(デジタルプラットフォーム)の必要性について述べられていましたが、本ディスカッションペーパーはこの具体像を提言したものと考えられます。本記事ではディスカッションペーパーの内容をまとめ、今後重要になる概念「デジタル市場」について理解を深めていきます。

執筆:東芝 福本 勲

執筆:東芝 福本 勲

東芝 デジタルイノベーションテクノロジーセンター チーフエバンジェリスト
アルファコンパス 代表
中小企業診断士、PMP(Project Management Professional)
1990年3月 早稲田大学大学院修士課程(機械工学)修了。1990年に東芝に入社後、製造業向けSCM、ERP、CRM、インダストリアルIoTなどのソリューション事業立ち上げやマーケティングに携わり、現在はインダストリアルIoT、デジタル事業の企画・マーケティング・エバンジェリスト活動などを担うとともに、オウンドメディア「DiGiTAL CONVENTiON」の編集長をつとめる。主な著書に『デジタル・プラットフォーム解体新書』(共著:近代科学社)、『デジタルファースト・ソサエティ』(共著:日刊工業新聞社)、『製造業DX - EU/ドイツに学ぶ最新デジタル戦略』(近代科学社Digital)がある。その他Webコラムなどの執筆や講演など多数。また、企業のデジタル化(DX)の支援/推進を行うコアコンセプト・テクノロジーなどのアドバイザーをつとめている。

photo
「デジタル市場に関するディスカッションペーパー」から、日本社会のデジタル化展望を見る
(Photo/Getty Images)


新たな産業構造とデジタル化

 日本政府はサイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させたCPS(サイバー・フィジカルシステム)により、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会を「Society5.0」と定義しています。

 「人と人」「人とサービス」「サービスとサービス」などすべてがつながる社会を超え、利用者の意思とリアルタイムの状況に合わせて最適なUX(ユーザー体験)を提供できる社会への転換が、期待されています。


 インターネットの普及が進む中、産業分類という「タテ」から、機能分類という「ヨコ」への産業構造の変化が進んできています。今後の産業構造はタテ(各産業)とヨコ(機能)が密に連携するメッシュ構造になっていくと考えられます。

 そして、「目的に合わせて、ヨコの階層ごとに最適なものを組み合わせる」というアプローチが大事になっていくのです。


 このような産業構造になっていく背景には、デジタル化による2つの変化があります。

  • ・「人の活動」の「機能」と「情報」への分離(デカップリング)が大きく進む
  • ・目的のために最適なものを組み合わせる(リバンドリング)ようになる


 人類は、人の活動を、「機能」と「情報」に分離(デカップリング)させながら生活を豊かにしてきました。これに加えて、デジタル化によってサービスの変化と創出を促し、新たな雇用を生み出すことが期待されます。


 また、デジタル化は人の活動要素の分化(アンバンドリング)をもたらしました。これによって、分化されたそれぞれの要素の効率化、組み合わせの複雑化が進みました。今後は、目的に応じて最適な要素を組み合わせること(リバンドリング)が、今まで以上に効果的になります。

デジタル市場とサービスの進化

 デジタル化による産業構造の変化は、市場の進化をもたらします。産業横断で求められる機能が組み込まれ、取引にまつわる機能が高度にデジタル化された、新たな市場になると考えられます。この市場がデジタル市場です。

 デジタル市場は、取引を媒介する役割も担います。これまで述べた変化にカネの流れが加わるのです。ヒト・モノ・情報・カネの流れが動的に組み合わさることで、さまざまなサービス・活動が実現されるデジタル市場が形成されます。これにより、業界横断・即時・小口・多頻度で取引が行えるようになり、情報の変化に応じた動的な価格決定などが可能になります。


 デジタル市場が実現することで、その市場の上で実現されるサービスは、ヒト・モノ・情報・カネの流れを横断して社会価値・経済性を実現していくようになります。情報の流れによってヒト・モノの流れは劇的に効率化すると考えられます。

 市場機能が高度にデジタル化していく一方で課題となるのは、利用者がその取引内容を信頼できるかという観点です。これはトラスト(信頼)と呼ばれ、取引に対してトラストがないと判断された場合、市場全体が沈滞化する可能性があります。デジタル市場における取引のトラストを確立する方法を検討する必要が出てきます。

【次ページ】デジタル市場の実現に重要な要素とインフラ

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

仮想化戦国時代再び

 パブリッククラウドやプライベートクラウド、仮想基盤、コンテナ基盤など、様々なサービスやツールが提供され利用可能となっている現在、それらをどのように組み合わせて利用するか、そして、その環境を如何に効率的に運用管理していくのか、IT管理者にとっての大きな課題です。  慎重に検討し最適と考えた環境を導入したが、パブリッククラウドのコスト高騰やベンダーの突然のポリシー変更によるプライベートクラウド環境の再検討など、外的要因も含め色々な問題が発生し、都度、対応が求められている。そんなお客様も多くいらっしゃるかと思います。このような様々な問題への対応が必要な今こそ、個々の問題への対策にとどまらず、新たなITの姿を考える良いチャンスではないでしょうか。  変化による影響を受けやすい現在のIT環境から脱却し、ITインフラに依存しない柔軟な運用環境を実現する。ITインフラを意識する事なくマネージメントできるニュートラルな運用環境へシフトする。サービスやツールの導入・変更にもスムーズに対応でき、求められるユーザーサービスをタイムリーに、そして安定的に提供できる、そのような変化に強く、かつ進化に対応する次世代運用プラットフォームの実現が、今、求められていると考えます。  本セミナーでは、次世代運用プラットフォームを実現する2つのキーソリューションをご紹介します。1つ目はMorpheus Cloud Management Platform。セルフポータルサービスに代表されるように、シンプルでありながらパワフルかつ柔軟な統合運用環境を実現します。もう1つはOpsRamp。AIOpsやオブザーバビリティなど個々の機能にとどまらず、多様な要素で構成され様々な要件が求められるハイブリッドクラウド環境にニュートラルに対応する。真にエンタープライズレベルの統合監視環境を実現するソリューションです。 HPEの考える次世代の運用環境をぜひご体験ください。

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます